二兎追うものの・・・ 大峯山:VerU

山行日 2013.5.25(土)曇
山域 北部台高山地:奈良県天川村洞川
コース 観音峰登山口(60分)観音峰展望台(30分)観音峰(70分)法力峠(70分)山上辻(35分)稲村ヶ岳
稲村ヶ岳(30分)山上辻(45分)法力峠(35分)母公堂(60分)観音峰登山口

花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約960m
総歩行時間 約8.5h(含む撮影・休憩・食事)
   
法力峠
ブナ混じりのトラバース道
この先数え切れない橋に階段が

昼食には早いのでそのまま稲村ヶ岳へ向かいましょう。山腹を山襞に沿って畝る様に続き、ブナに
ヒメシャラが混じる新緑の森。傾いた古いトイレを過ぎ、幾つもの鉄製階段に橋を渡り徐々に高度を
上げる。擦れ違う登山者も余り居ない。何度も崩壊地を通るが鎖等が整備され難なく通過出来る。

時にはガレ場を
マンモス杉
橋を何度も

登山道脇のマンモス杉も未だ健在。山上辻手前の桟橋は落石で落ちてるが、新しいロープが張られ
迂回する。やがて山小屋の赤屋根が見えて来ると直ぐに山上辻。傍には赤い屋根の稲村ヶ岳山荘。
数組の登山者が食事中。此方も此処で昼食としよう。昼食中に途中で追い越した団体が到着する。

落ちた桟橋
山上辻へ
賑わう稲村ヶ岳山荘前

食事を早々と済ませ稲村ヶ岳に向かいます。ミヤコザサの笹原にブナが混ざり直ぐにシャクナゲが
現れる。既に花は見当らない。やがて大日山の基部に着けば色濃いピンクのコイワカガミの群生。
大日山の岩峰下のトラバース道の岩壁に咲く大峯小桜は全く姿を消してる。トラバース道から木の

いざ稲村ヶ岳へ
ブナと笹原
大日山への分岐

階段を登れば大日山への登山口。数名の登山者が荷を置いて登ってる。大日山は後回しにして
鎖掛かる岩場を二度過ぎれば笹尾根に乗る。左はバリゴヤの頭へ続き、稲村ヶ岳へは右に転進。
足下にツマトリソウ点在し、僅かな登りで鉄製展望台と三等三角点建つ稲村ヶ岳山頂。展望台に

鎖場を二ヶ所過ぎて
階段を登れば
もう直ぐ山頂

上がれば正面に修験道の本山は山上ヶ岳に大普賢岳。右に弥山と近畿最高峰の八経ヶ岳が望める
では来た道を戻りましょう。賑わってた大日山分岐に人影無く荷を置いて大日山へ。登山道は整備が
進み、随分と楽になっている。狭い山頂には大日如来が祀られた祠。参拝を済ませて山荘へと戻る。

稲村ヶ岳山頂
山頂展望台
大日キレット

山荘前には残り花のシャクナゲ、蕾が僅か一つだけのオオヤマレンゲ。居らした小屋主に聞けば
今年の大峯小桜は10日早く咲き始め、先月下旬には姿を消し、シャクナゲは裏年で花数少なく
オオヤマレンゲの蕾も少ないそうだ。二兎目の花は残念だったが下山開始だ。足早に法力峠に

大日山山頂
誰も居なくなった稲村ヶ岳山荘前
山上辻

戻る。法力峠は撮影だけでスルーだ。下山道にはコアジサイ・ヤマアジサイの花芽が上がり、ギン
バイソウは葉を展開し始め。やがて沢音が聞こえて来ると稲村ヶ岳登山口・母公堂分岐。此処は

母公堂へと右折して杉林を抜ければ母公堂前。此処からは4km余りの車道歩きだ。民家の庭の
オオヤマレンゲはもう少しで花開きそう。洞川温泉の趣きの有る町並みを抜けて観音峯Pに戻る。

法力峠に
母公堂登山口
洞川温泉を抜けて
稲村ヶ岳山頂からのパノラマ
稲村ヶ岳山頂からのパノラマ

奈良県絶滅危惧種と大峯山に咲く花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ギンリョウソウ マタタビ コイワカガミ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ツマトリソウ オオヤマレンゲ(山荘前) オオヤマレンゲ(民家の庭)
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system