シャクナゲの激藪を掻き分けて:三重嶽〜大御影山

山行日 2016.4.23(土)晴のち曇
山域 野坂山地:滋賀県高島市
コース 粟柄河内谷林道ゲート(20分)能登又登山口(120分)三重嶽(70分)大日尾根分岐
大日尾根分岐(60分)大御影山(50分)河合谷林道出合(80分)粟柄河内谷林道ゲート

花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約670m
総歩行時間 約7.5h(含む撮影・休憩・食事)
   
石田川ダム
ダム前の駐車場
舗装林道を歩く

平年に比べ花時計の進み具合が異常に早い。イワウチワ・イワナシ等、本州の日本海側に分布する
花を見逃しそう。当初予定の金剛山から7-8年振りの高島トレイルに変更だ。確か大日尾根分岐から
三重嶽間が未走破なので序に大御影山迄の周回としよう。登山口は今津町角川の石田川ダムから

武奈ヶ嶽登山口
わさ谷登山口
落石の林道

林道:角川線経由で粟柄河内谷線をゲート迄走ります。事前に高島市のサイトで通行可能なのかを
確認。角川線は舗装路だが小さな落石多くてスローダウンで通過。おっと前方の斜面を黒い物体が
横切った。良く見れば月の輪熊だ。カメラを取り出す前に斜面を駆け上がって消えた^^)やがて、粟柄

登山口前には
落合登山口
尾根への急坂

河内谷線との丁字路。左折すればダート道が続く。2km少々走ればゲート前。京都ナンバーの車が
1台止ってる。直ぐ後に車を止めゲートを越えて歩き出す。林道脇にイブキスミレ・オオタチツボスミレ
ミヤマカタバミ・ヤマエンゴサク・ミヤマキケマン・トキワイカリソウ・ニリンソウにカタクリ見っけ^^)20分も

トラバース気味に
樹間越しに武奈ヶ嶽
小広い植林地

歩けば三重嶽能登又登山口。杉林に一歩踏込むが踏み跡が見当らない?戻る様に歩くと右前方に
テープマーカー発見。斜面に取り付けば薄い踏み跡が上部へ続いてる。急斜面には所々ロープが
張られてるが古くて切れてる。やがて傾斜が緩むと痩せ尾根。直ぐ咲き始めのシャクナゲが現れる。

杉林を抜けると
U字状に掘れた登山道
ピーク762

右下には石田川の流れ。上流へと見上げれば大御影山。相変わらずの急登に追い討ちを掛ける様
シャクナゲの激藪。激藪は100m以上も続き花を楽しむ余裕も無い^^)15分近くもの格闘で漸く抜け
出ればイワウチワの残り花。辺りは芦生杉にブナが混ざり、見上げれば早くもブナの新緑。足下には

振り返れば金糞岳が
トウゴクミツバツツジ咲く
ブナの木が

見頃のイワウチワが点在。やがて前方に三重嶽が見えて来ると右から本谷橋からの登山道と合流。
ブナ混じりで芽吹き前の疎林にカタクリの蕾。緩やかに辿れば左から落合登山口に続く道と合流。
直ぐ前が二等三角点建つ三重嶽(973.9m)山頂。山頂は樹々が繁り展望は良く無いが、キンキマメ

ブナ林
本谷橋からと合流
三重嶽山頂

ザクラが満開。山頂から200m歩けば高島トレイル合流。左:武奈ヶ嶽(5.1km)・右:近江坂(3.4km)
大御影山(6.1km)分岐。勿論右折です。緩やかに下れば畝る様に続く草原に突入。前方に野坂岳
右手に大御影山。振り返れば三重嶽。草原を抜ければ変形ブナの森。足下にはカタクリ点在する。

武奈ヶ嶽迄5.1km標識
近江坂分岐

緩やかに下れば芦生杉とブナ混在の森。今度はイワウチワが点在する。変形ブナの森もP889を過ぎ
ればもう少しで近江坂(大日尾根)分岐。少し遅くなったが此処で昼食。にしても土曜と言うのに誰にも
逢わないネ^^)此処から大御影山へは右手緩やかに鞍部迄下ります。鞍部からは古道らしくU字状に

高島トレイルのマーカー
P855峰へ
P855峰

掘れた登山道を九十九折に登り返します。群生こそしていないが相代らずカタクリが点在しますね。
登山道には雪の重みで傾いた潅木が邪魔しますが反射板が見えれば、もう僅かで三等三角点建つ
大御影山(950.1m)山頂。何時の間にか空は曇り足下からガスが湧き上がって視界を遮る。西側が

大御影山山頂
前方に三重嶽
水谷分岐

辛うじて見え三重嶽と奥に比良山系。山頂はイワナシの小群落。既に午後2時を回ったのでとっとと
下山しましょう。近江坂は滋賀県高島市今津町と福井県若狭町を結ぶ古い峠道。変形ブナが続き
カタクリ・イワウチワ・バイカオウレンが咲く。おっと、オオバキスミレ見っけ^^)オオイワカガミは花芽を

アズマヒキガエルの卵塊
高島トレイル分岐
林道に降り立つ

上げたばかり。点在する水溜りにアズマヒキガエルの卵塊。やがて大谷山へ続く高島トレイルを左に
見送りビラデスト今津へ続く近江坂を尚も下ります。分岐から10分も下れば粟柄河内谷林道に降り
立つ。近江坂を分断する林道のザレた斜面一杯にオオバキスミレの群落。以前に見た時因りも更に

P812m峰の標識
残雪の林道
東には箱館山が

花数を増やしてる^^)さて、車に戻るには林道を下る方が早い?何時もなら退屈極まりない林道歩きも
斜面に咲く花達が意外に多くて退屈しない^^)カタクリ・イワウチワは勿論、オオバキスミレ・シハイスミレ
スミレサイシン、水の滴る岩場にはリュウキンカ。おっとサンインシロカネソウ見っけ^^)更にマキノスミレ

武奈ヶ嶽山頂
大御影山本谷橋登山口
三重嶽本谷橋登山口

ウスギヨウラク・山中では蕾だったオオイワカガミも咲いている。おっと今季お初のニョロ君と遭遇^^)
大御影山本谷橋登山口・三重嶽本谷橋登山口と過ぎますが、それでも流石に1時間も下ると少々
退屈^^)漸く登りに使った三重嶽能登又登山口迄戻ればホッと一息。後はダラダラと下ればP到着。

水坂峠分岐
赤岩山山頂
林道ゲートに戻る
クリックするとわいどびゅう
大御影山山頂から比良山系

三重嶽から大御影山の花達

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ホンシャクナゲ イワウチワ カタクリ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
イブキスミレ オオバキスミレ マキノスミレ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
リュウキンカ オオイワカガミ サンインシロカネソウ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system