赤いヤマツツジと白いゴヨウツツジのコラボレーション 三峰山

山行日 2016.5.14(土)晴のち曇
山域 高見山地:奈良県御杖村・三重県松阪市
コース みつえ村P(5分)三峰山登山口(30分)不動滝(60分)避難小屋(15分)三畝峠(10分)三峰山
三峰山(5分)八丁平散策(40分)三畝峠(10分)避難小屋(30分)林道出合(25分)みつえ村P

花を探しながらなので参考時間程度に・・・
標高差 約670m
総歩行時間 約4.0h(含む撮影&休憩・食事)
   
三峰山 北麓の御杖村神末から
三峰山 北麓の御杖村神末から
みつえ青少年村P
三峰山登山口
舗装林道を歩き

後輩から何処かの山に連れてってとリクエスト。丁度予定してた赤いヤマツツジと白いシロヤシオが
コラボする三峰山に決定。今年の花時計は早いので急がないと散ってしまう^^)06:30某所で集合。
阪高から西名阪に乗り継いで柏原IC下車。大和高田BPからR369を南下、曽爾村〜御杖村に入り

登尾登山口を右に
伐採地脇を
此処から不動滝ルート

三峰山登山口の"みつえ青少年旅行村"前に到着。既に第一Pは満車^^)聞けばツツジ祭りの
イベント当日。因って第二Pに駐車。支度を済ませ09:10ハイクアップ。登山届を提出して暫く
舗装林道を流れの上流へと辿る。5分辿れば右に登尾ルート登山口。今回も直進して不動滝

登山道を辿る
鳥居を潜り
不動の滝

ルートを歩きます。林道脇には沢山のフタリシズカにウワバミソウ等が花芽を上げる。樹々は
眩い新緑。清冽な流れの向こうに白いノリウツギ。伐採跡を過ぎれば不動滝分岐。右に続く
林道は登尾ルートに繋がってる。鬱蒼とした植林の中を流れに沿って歩けば鳥居。一礼で

滝横を
平坦地
階段道が続く

鳥居を潜り小屋?を回り込むと落差21m幅10mの不動の滝が豪快に流れ落ちマイナスイオンが
降り注ぐ。滝の上部には不動明王が祀られてる。赤い橋を渡り滝横を上流へと登りれば流れから
離れ植林の平坦地。林床にはムロウ(又はキシダ)テンナンショウ・フタリシズカ・・・既に実の成る

支尾根の急斜面
建屋が見えると
避難小屋

エンレイソウ点在。平坦地を抜けると階段道が続き←山上2100m標識。支尾根の急斜面を
喘ぎながらも小さな九十九折に切った登山道で高度を上げる。やがて傾斜が緩むと建物が
見え登尾ルートとの合流点に建つ避難小屋。小屋前には樹齢300年とも言われる大ブナが

ブナの古木
木の根道を
三畝峠

枝葉を伸ばしてる。一息付いてから先へ進もう。木の根道を辿れば尾根から外れ山腹を歩く。
やがて尾根に復帰で三畝峠。右は新道峠へと続く。左へ僅かで三峰山山頂・八丁平分岐。
先ずは三峰山山頂へ向かいます。山頂へと続く北尾根は冬季には見事な霧氷のトンネル。

三峰山・八丁平分岐
北尾根を
三峰山山頂

今の時期にはシロヤシオのトンネルだが足下に散らばるのは無数のシロヤシオの落下花。
昨夜の雨と風で落ちてしまった様だ。でも見上げるシロヤシオの木には沢山の残り花が・・・
御嶽山ビューポイントから見えるのは春霞の向こうに青山高原・鈴鹿山系。分岐から10分も

山頂から
八丁平へ
八丁平

辿ればハイカーで大賑わいの一等三角点建つ三峰山山頂。山頂からは霞ながらも曾爾
高原が望める。更なるシロヤシオを楽しもうと平倉峰方面に向かうがやはり多くの落下花
仕方ないので三峰山に戻って八丁平へ向けて下と此方も沢山のハイカーが夫々ランチ

シロヤシオの古木は蕾
ゆりわれ道へ
ヤマツツジとシロヤシオ
↑クリックするとYouTube

タイム中。八丁平名物のシロヤシオの古木は瀕死の状態でも僅かな花を咲かせている。
吹き抜ける風で思いの外寒いので風下でのランチタイム。八丁平からの眺めは残念だが
大峯・台高山系は雲の中。昼食を手早く済ませゆりわれ道へと向かいます。少し色合いの

下山には
高見山が
三畝峠に戻る

違うのはムラサキヤシオツツジ。ゆりわれ道はヤマツツジ・シロヤシオのコラボに足下は紅白の
絨毯模様。一週間早ければ見事だったろう?と一寸残念だがそろそろ下山しよう。八丁平から
トラバース道を歩けばヤマツツジの向うに高見山。直ぐの先に三畝峠。新道峠への分岐を左に

登尾ルート分岐
登尾ルート
シジュウカラ

見送り避難小屋へと戻る。此処からの下山には登尾ルートで下ります。不動滝のルートに
比べると緩やかな登山道が続く。避難小屋から下る事30分で展望小屋。右手に倶留尊山
大洞山・尼ヶ岳。直ぐ下で林道に降り立つ。林道を横断し立派な休憩舎前には水場。手と

展望台が見えると
林道に出合う
水場の有る休憩所

顔を洗ってスッキリ。この先、再び杉林の中に続く。階段道を下れば古道らしく深く掘れた
登山道。おっと、ユキモチソウ見っけ。更に九十九折に下る事15分ばかりで流れに架かる
木橋。渡れば往路に歩いた林道で僅かで駐車地。下山後にはみつえ温泉"姫石の湯"。

木橋を渡れば
みつえ青少年村Pに戻る
みつえ温泉:姫石の湯

三峰山のヤマツツジとシロヤシオ&花達

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シロヤシオのバックにムラサキヤシオ シロヤシオ(ゴヨウツツジ) ヤマツツジとシロヤシオ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
フタリシズカ ホウチャクソウ ユキモチソウ

↑画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system