紅葉に黄葉は・・・ 大台ケ原周回紅葉ハイク

山行日 2018.10.20(土)晴のち曇
山域 台高山地:奈良県上北山村・三重県大台町
コース 大台ケ原P(35分)展望台(10分)日出ヶ岳(10分)展望台(10分)正木峠
正木峠(40分)牛石ヶ原(20分)大蛇ー(40分)シオカラ谷(40分)大台ケ原P

花を探しながらなので参考時間程度に・・・
標高差 約280m
総歩行時間 約5.0h(含む撮影&休憩・食事)
   
みつえ青少年村P
三峰山登山口
舗装林道を歩き

川ちゃんから紅葉が見頃?な大台ヶ原へのお誘い。大台ヶ原は10年振りだ。駐車場混雑を想定し
午前3時に集合。他のメンバーを拾いながら大台ヶ原Pに到着は6時過ぎ。天気予報は外れ一面の
ガス。朝食&トイレタイムを済ませ7時ハイクアップ。遊歩道の紅葉はガスに煙って幻想的^^)水場を

登尾登山口を右に
伐採地脇を
此処から不動滝ルート

過ぎると緩やかな九十九折の登り。登山口から≒35分で展望台ですが一面のガスで全く視界が
利きません。そのまま日出ヶ岳に向かいましょう。木製階段を歩く事5分少々で一等三角点建つ
日出ヶ岳。残念だがガスは晴れません。僅か5分程の滞在で正木峠に向かいます。展望台から

登山道を辿る
鳥居を潜り
不動の滝

先は再び木製階段が続き辺りのゴヨウツツジ(シロヤシオ)やドウダンツツジ・カエデ類が程良く
色付いてる。木製階段を登り切れば正木峠(正木嶺)辺りは白骨樹や風倒木が広がってます。
おっとっと、小雨が降って来た。撥水ジャケットを着てるのでザックにレインカバーを被せてから

滝横を
平坦地
階段道が続く

正木ヶ原に向かっての下ります。歩道脇はガマズミ・フウリンウメモドキの赤い実。20分も下れば
正木ヶ原。ガスが漂い真っ白だ。正木ヶ原から尾鷲辻に下った東屋でのアーリーランチタイム^^)
30分程のランチタイムを済ませば時折陽射しに青空が覗く。イトザサ茂り大きな神武天皇像に

支尾根の急斜面
建屋が見えると
避難小屋

伝説の大石・牛石が建つのが牛石ヶ原。更に辿れば大蛇ーへの分岐。右手の岩壁から声が
聞る。良〜く見れば千石ーへ数名のクライマー達が取り付いてる。大蛇ーの先端に立てば
強風が吹き抜け不安定。対岸の大峯山系の稜線はガスが掛かり見えない。再び分岐に戻り

ブナの古木
木の根道を
三畝峠

シオカラ谷へと下ります。岩ゴロの急坂を慎重に下ればシオカラ谷の流れに架かる吊り橋。
吊り橋を渡れば一転石段の登りに変わります。最後の石段の登り返しはキツイが数分の我慢
やがてトラバース道に変わり緩やかに辿る。吊り橋から10数分辿れば西大台分岐案内板。

三峰山・八丁平分岐
北尾根を
三峰山山頂

西大台へは事前予約か当日受付でのレクチャーが必要。此処からは再びの石段道ですが
此処に来ての石段道は足に堪えるね^^)石段道を登り切れば緩やかな笹原道。もう僅かで
12時10分大台ヶ原Pに戻りました。下山後のお楽しみは川上村湯盛温泉"杉の湯"です。

山頂から
八丁平へ
八丁平

大台ヶ原点描

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シロヤシオ(ゴヨウツツジ)の紅葉 大蛇ー ドウダンツツジの紅葉

↑画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system