湯の街・有馬を彩る紅葉 有馬三山

山行日 2013.11.11(月)曇時々時雨
山域 六甲山系:兵庫県神戸市
コース 神鉄・有馬温泉駅(35分)落葉山(30分)灰形山(45分)湯槽谷山(10分)湯槽谷峠
湯槽谷峠(60分)紅葉茶屋跡〜紅葉谷〜(50分)湯槽谷分岐(20分)有馬温泉街
標高差 約480m
総歩行時間 約5.0h(含む休憩・食事)
   
左奥:六甲最高峰・右に油槽谷山・灰形山:落葉山から
左奥:六甲最高峰・右に油槽谷山・灰形山:落葉山から
有馬グルメチケット
有馬温泉駅
太閤橋から

今年の紅葉前線も里山に降りて来ました。神戸電鉄企画切符"有馬グルメチケット"で
有馬温泉に向かいます。駅前のコンビニで昼食を購入して・・あれ?改装工事中だ^^)
太閤橋から"ねね橋"を見送り、おっと、新しいコンビニが開店してる。此処で購入して

有馬温泉街
妙見宮参道
妙見宮参道

賑わう太閤通りの突き当たり右手に妙見宮参道入口。此処が有馬三山(落葉山
灰形山・湯槽谷山)への取り付き。石段を九十九折に登り車道の坂道を辿れば
妙見寺。参道脇に終盤のコウヤボウキに未だ元気なシコクママコナ。本堂裏に

色付く参道
妙見堂
落葉山三角点

落葉山山頂標識。四等三角点は少し西の藪の中。此処から次の灰形山へは一旦
下ります。下った鞍部は温泉街への分岐。分岐を見送り登り返すと崩壊地脇の細い
岩の尾根。左手眼下に紅葉越しに有馬の街が広がり、振り返れば紅葉に彩られた

有馬分岐
崩壊の痩せ尾根
温泉街を

落葉山。更に岩尾根を辿り階段道を登れば灰形山。南に次の湯槽谷山が見える。
再び鞍部に下るが登山道には無数の掘り返し跡。猪の仕業か?湯槽谷山へ登り
返す頃、強風と共に時雨れて来る。帰宅後調べると市街地の最高気温は16℃台

灰形山山頂
有馬分岐
湯槽谷山山頂

瞬間最大風速15.2m/sと先日4日の木枯らし1号に次いでの強風だった。その後も
陽が射したり時雨たりと気紛れな空模様。雨具を着たり脱いだりと煩わしい。展望の
無い油槽谷山から急坂を下ると油槽谷峠。左は紅葉谷方面で直進すれば極楽茶屋

油槽谷峠
番匠屋畑尾根
四等三角点

跡へと続く番匠屋畑尾根。気紛れな空模様に紅葉谷道へと下ろうかとも思ったが
時間も早いのでそのまま直進緩やかな尾根道を辿ると四等三角点発見。此処が
国土地理院でのP752m点名:油槽谷山だ。この先も緩やかな尾根道を辿ると六甲

六甲有馬ロープウェイが
稜線が
今日初めて出会った

有馬ロープウェイの鉄塔下。丁度ロープウェイが上空を通過して行った。足下には
テイショウソウが多いが時期外れなのか閉鎖花ばかり、代わりにツルリンドウの赤い
実は沢山。やがて樹林を抜けると稜線が見えて来る。小さく下った場所で今日始め

階段道が続く
小川谷分岐
もう直ぐ

ての登山者に出会う。変なお天気ですねと言葉を交わし、尾根道を僅かに辿れば
小川谷・逢山峡への分岐。此処迄来ればもう少しで紅葉茶屋跡だ。やがて左からの
紅葉谷道と合流すれば僅かで紅葉茶屋跡。ドライブウェイを渡った先の展望所から


右に紅葉茶屋跡
左・番匠屋畑尾根:右・紅葉谷道

見える大阪湾越しの大阪も時雨れてる様だ。此処も風が強くて寒いので早々と退散し
紅葉谷道を下ります。稜線下の紅葉は既に色褪せ六甲では貴重なブナも落葉盛ん。
紅葉谷道を九十九折に下って百間滝・似位滝分岐、更に七曲滝分岐を通り過ぎれば

紅葉谷道
紅葉谷道
湯槽谷分岐

油槽谷峠への分岐。辺りには砂防工事用の車が止まってる。更に下って川原を
渡って六甲有馬ロープウェイ"有馬温泉駅"此処から温泉街の紅葉を愛でながら
ぶらぶら。企画切符の割引で有馬温泉"金の湯"ですが、大変混雑してました^^)


六甲有馬ロープウェイ駅
鼓ヶ滝へ
有馬温泉:金の湯
湯の街:有馬の紅葉
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
鼓ヶ滝 滝道 瑞宝寺公園
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
妙見寺参道 温泉寺 ドウダンツツジ

inserted by FC2 system