紅葉前線南下中・・・ 森林植物園・再度公園〜諏訪山公園

山行日 2015.11.12(木)晴
山域 六甲山系・兵庫県神戸市
コース 二軒茶屋BT(30分)学習の森(10分)市立森林植物園(50分)市ヶ原(20分)大龍寺
大龍寺(15分)猩々池(50分)諏訪山公園・金星台(10分)諏訪山公園下BT

花を探しながらなので歩行時間は参考程度で・・・
標高差 約400m
総歩行時間 約6.0h(含む休憩:食事:撮影)
   
再度公園:修法ヶ原池(クリックするとYou Tube)
再度公園:修法ヶ原池(クリックするとYou Tube)
洞川湖畔のメタセコイア
洞川湖
仙人谷

勤労感謝の日を含む3連休中に職場の若手から紅葉狩りハイクのリクエスト。その下見に出掛けます。
神鉄・鈴蘭台駅から峠行きのバスに乗り二軒茶屋で下車。洞川湖へ向けて洞川林道を東へ。洞川湖
傍のメタセコイアは黄金色。色付く洞川湖畔には釣り人数人。上流の仙人谷のモミジは既に落葉だ。

外人墓地前
再度公園
修法ヶ原池

外人墓地前から修法ヶ原池迄のモミジも既にピークを過ぎて落葉盛ん。修法ヶ原池畔の紅葉は既に
ピーク。修法ヶ原池を周回して再び仙人谷を下り、森林植物園・学習の森(旧教育植物園)を通り抜け
森林植物園西口。ドライブウェイ脇の銀杏は黄色でイロハモミジの赤とコラボってる。入口正面のオオ

学習の森を抜け
西口前の銀杏
森林植物園西口

モミジは落葉。メタセコイアは黄金色。サンザシには赤い実が鈴生り。モクレンの冬芽は銀色だ。
中央園路から長谷池へ向かうと平日にも関わらず沢山の来園者。長谷池畔にはカキツバタ咲き
ラクウショウの気根は落葉で飾られ、池畔のハナノキは既に落葉。イロハモミジにウリハダカエデ

森林植物園中央園路
長谷池前
長谷池

等の紅葉は見頃で俄かカメラマンが沢山。長谷池を周回するが今年の色付き具合は木に依って
バラバラな感じだね。帰路には東口からトゥエンティクロス(二十渉)から市ヶ原に向けて布引川を
下ります。トゥエンティクロス(二十渉)と名付けられていますが、今では防災の為の砂防堰堤が数

東口へ
トゥエンティクロス
エセ河童橋

多く造られ実際に流れを渡るのは数ヶ所だけ。沢沿いの木々に色付きは無く時折見える山肌は
モザイク模様。砂防堰堤を埋め尽くす大量の土砂の中洲に掛かる贋河童橋^^)を渡って堰堤下へ
下れば黒岩尾根分岐。此処から六甲全縦路を辿れば櫻茶屋。流石に平日で閉ってる。市ヶ原の

色付く山肌
櫻茶屋前
市ヶ原

流れを渡って大龍寺へと向かいます。崖地には咲き残りのイナカ(ヤマシロ)ギク・ノコンギクに
シマカンギク。再度山ドライブウェイを渡れば立派な朱塗りの山門(赤門)山門から坂を登れば
大師道と合流します。此処から"毎日登山発祥の地"は善助茶屋跡から再び大師道に合流。

未だ緑のトンネル
大龍寺山門
善助茶屋跡

此処から猩々池迄の色付きは此れから?池面に浮かぶのはオオカナダモ。二本松林道を
横切り再度谷川に沿って下れば休業中?の一休亭。砂防堰堤横から階段を下れば燈籠
茶屋。気の早い楓が一本オレンジに色付く。右の舗装路を下れば山手女子高前へ続くが

大師道へ
二本松林道:左に猩々池
大師道

此処は左側の山道を歩きます。この先には山手女子高のグランドから諏訪神社を経由で
諏訪山公園へと続きます。おっと、シマカンギク見っけ。続いて咲くのはノジギクだ。諏訪
神社にお参りし、諏訪山中腹の金星台から諏訪山公園下バス停。バスに乗車して帰宅。

燈籠茶屋前
諏訪神社
諏訪山公園:金星台
神戸市立森林植物園:長谷池(クリックするとYou Tube)

神戸市立森林植物園:長谷池(クリックするとYou Tube)
再度公園&森林植物園の紅葉と花達

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
修法ヶ原池(再度公園) メタセコイア(市立森林植物園) 長谷池(市立森林植物園)
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シマカンギク キッコウハグマ ノジギク(キバナ混ざる)

↑画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system