遅れていた紅葉が・・・ その後の二本松林道

山行日 2015.11.21(土)晴のち曇
山域 六甲山系・兵庫県神戸市
コース 諏訪山公園下BS(10分)金星台(10分)ヴィーナステラス(30分)市章山(30分)二本松林道口
二本松林道口(15分)猩々池(40分)平野谷分岐(30分)祥福寺(5分)五宮町BS

花を探しながらなので歩行時間は参考程度で・・・
標高差 約350m
総歩行時間 約3.0h(含む休憩:食事:撮影)
   
左:菊水山・中央:鍋蓋山と再度山・右:摩耶山・自宅付近から
左:菊水山・中央:鍋蓋山と再度山・右:摩耶山・自宅付近から
金星台への道
金星観測記念碑
諏訪神社

再度山D・Wから有馬街道へと続く二本松林道は隠れた紅葉の名所。例年12月初旬には見頃だが
先月下旬に歩いた時には殆ど緑と今年は随分と遅れてる。あれから2週間少々経ってるので様子を
見に歩きましょう。自宅最寄のバス停から諏訪山公園下BSで下車。諏訪山公園へと向かって坂道を

ビーナスブリッジ
ビーナステラスから錨山市章山
再度山D・Wへ
↑画像クリックするとYou Tube

登ります。おっと咲き残りのノジギクに紅葉をバックに咲くサザンカ見っけ。5分程も登れば金星台。
一角に金星観測記念碑。直ぐ上に諏訪神社。境内にキバナノジギクが咲き残ってる。参拝を済ませ
遊歩道を登ればヴィーナスブリッジ。生憎霞勝ちですが神戸市街地が広がる。ヴィーナステラスから

再び再度山D・Wへ
太子の森
錨山へ

再度山D・Wを渡って山道を辿り、再び再度山D・Wを渡って錨山へと向かいます。太子の森の
紅葉は今がピークなのか真っ赤だ。ひと登りで錨山。足元の電飾の向うには神戸港が広がる。
次の市章山へは今は稼動してない?風力発電設備横を抜け、再度山D・Wを横目に階段道を

錨山から神戸市街地
風力発電
市章山山頂

登ればベンチ在る市章山。勿論、神戸港が広がります。再び再度山D・Wを横断して山道へ。
再度山D・W沿いの紅葉は見頃だね。堂徳山を巻けば三叉路。右は城山から新神戸方面だ。
此処を左折すれば再び再度山D・W。此処が二本松BS前で二本松林道分岐。何時の間にか

紅葉の再度山D・W
左折して
再び再度山D・Wへ

青空が消えてしまった。林道の紅葉は少し鮮やかさには欠けるが中々綺麗だね。植林ですが
メタセコイア林(アケボノスギ)も黄金色。賑やかな声が聞こえて来ると猩々池。東屋には沢山の
ハイカーが寛いでる。池面に沢山見える赤い魚は鯉・金魚?何時もは水草に覆われてるので

二本松林道口
紅葉の二本松林林道
メタセコイア

気付かなかったね。此処は大師道との十字路。大概の方は大師道を歩かれるが当方は更に
二本松林道を歩きます。車止のチェーンゲートを抜け西へ。其処此処の紅黄葉を愛でながら
歩けばひふみ園跡から極楽林道分岐。道脇には砂防工事用重機に処理後の倒木が多数。

大師道と合流
猩々池
二本松林道を西へ

此処からの二本松林道はイロハモミジのトンネル。でも例年の様に紅くなくて黄色が目立つ。
六甲山系でも此れだけのイロハモミジのトンネルは、そうそう無いだろう。真っ赤に染まるのを
来期は見たいね。やがて七三峠からの登山道と合流。此処を左折で平野谷・祥福寺方面。

工事用重機
イロハモミジのトンネル
平野谷分岐

直進しての天王谷は最後には交通量の多い有馬街道歩きなので敬遠し、此処は左折して
平野谷を下りましょう。初っ端のコンクリート敷きの道も直ぐに雑木林の中へ。左手には小さな
流れ。緩やかに降れば放置された白いプラスティック椅子。右には朽ち掛けた廃屋が残る。

平野谷へ
流れに沿って
廃屋傍を

更に下って砂防堰堤を二度乗り越せば其処此処に建つ物置小屋?人家が近いのだろう。
やがて民家の前を過ぎれば視界が開け大倉山からJR神戸駅辺りが見える。此処迄下れば
直ぐに五宮神社。その東隣には多宝塔建つ祥福寺。住宅街を抜ければ五宮町BSでした。

砂防堰堤を越えて
多くの作業小屋を過ぎ
祥福寺と五宮神社
錨山からのパノラマ
錨山からの神戸市街地
諏訪山公園から二本松林道の紅葉

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
紅葉とサザンカ 二本松林道のメタセコイア(アケボノスギ) 二本松林道の紅葉

↑画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system