台風11号の爪痕U その後の紅葉谷道+ベニドウダン

山行日 2015.5.26(火)
山域 六甲山地:兵庫県神戸市
コース 神鉄:有馬温泉駅(15分)R・W有馬温泉駅前(10分)魚屋道口(40分)炭屋道口(15分)射場山堰堤
射場山堰堤(50分)百間滝分岐(45分)極楽茶屋跡(50分)六甲最高峰(150分)住吉道口(20分)阪急:御影駅
標高差 約880m
総歩行時間 約7.5h(含む撮影&休憩・食事)
   
神鉄:有馬温泉駅
温泉街を抜けて
ロープウェイ前へ

前回2月3日のレポは此方から
平成26年8月10日。六甲山系に多大な被害を及ばした台風11号。紅葉谷道応急復旧工事が進み
通行可能と神戸市のHPに掲載された。それじゃあ確認に出掛けなくっちゃ。神鉄:有馬駅で下車。
駅前のコンビニで飲食料を調達して温泉街を抜け、六甲有馬RW有馬温泉駅前に向かう。平日にも

進入禁止のロープが
魚屋道へ
クリックで拡大・移動
↑画像クリックで拡大

関わらず温泉街は外国人達で其れなりに賑わってる。20分程で有馬温泉駅到着。やはり入口に
立入禁止のロープが張られ魚屋道へ迂回案内が掲示されてる。一旦、戻って魚屋道を目指す。
魚屋道入口にも同じ迂回案内図が掲示。コガクウツギ・コアジサイ・ホウチャクソウ等咲く魚屋道を

コアジサイ咲く
炭屋道へ
紅葉谷へ

九十九折に40分程も辿ると炭屋道分岐。以前は通行止めのロープが張られていたが通行可能だ。
此処から小石転がるザレた道を下ります。おっと、ギンリョウソウ見っけ。丁度、目線の高さに咲くので
目玉親父が良く見える。10分少々下れば紅葉谷道に降り立つ。右手に通行止めのバリケード建つ。

通行止めのフェンス
堰堤広場も荒れてる
修復された登山道

左の射場山堰堤広場は相変わらず酷く荒れている。更に進むと紅葉谷・湯槽谷分岐。木橋は落下
したままだ。白石第二堰堤を過ぎた土石流&流木散乱場所は整備されてる。白石谷分岐を見送り
九十九折に登れば旧道は閉鎖され迂回路が出来てる。結構長く続く階段道を登れば旧道に復帰。

クリックで拡大・移動
迂回路
新しい道
↑画像クリックで拡大

しかし此れじゃ七曲滝分岐をパスしてて七曲滝へは行けないね。行くのなら旧高巻き道からだね。
その先のアルミ階段は外され旧道が再整備されてる。此処を過ぎると直ぐに百間滝・似位滝分岐。
此処からは多少の崩落や荒れがある物の支障無く辿れる。やがてイヌブナ・ブナ・カエデ・コナラの

旧道が復活
登山道崩落箇所も綺麗に
百間滝分岐

広葉樹林。樹林を抜ければ極楽茶屋跡。此処で軽く昼食を摂り六甲全縦路を最高峰へ向かいます。
ヤマボウシは咲き始めニョイスミレが群生してる。六甲全縦路は幾度かドライブウェイを横切る。おっと
頭上を飾るのはベニドウダン。各地で聞こえる裏年の情報も六甲山では結構鈴生り状態。ツツジ類も

山抜け箇所
極楽茶屋跡
全縦走路を

咲き残りのモチツツジ、今が盛りのヤマツツジ、モチツツジとヤマツツジの自然交配種はミヤコツツジ。
タニウツギは満開だがヤブウツギは咲き始め。林床には花芽を上げたシソバタツナミ。匍匐前進中の
ツルリンドウ、準備中のヤマジノホトトギス。やがて六甲最高峰到着。少し遅れて山ガール達も到着。

ヤマツツジが咲く
もう直ぐ六甲最高峰
賑わう六甲最高峰

残念ながら展望は霞が酷くて大阪湾さえハッキリ望めない。下山は一軒茶屋から住吉道を選択して
急坂を下り住吉川を渡る。左は土樋割峠(ドビワリだと思い込んでいたが、正確にはドヒワリだった^^)
右の雨ヶ峠方面に向かう。砂防ダム横を抜けて雨ヶ峠・住吉分岐。分岐を住吉方面に取り住吉川に


七曲りを下る
住吉川出合
雨ヶ峠分岐

沿って下ります。やがて70年振りに発見された1938年7月の阪神大水害で流された古い石標。
尚も下れば石畳道に代り水場が現れる。此処迄下れば五助ダム湖は近い。大量の土砂流入で
湿原化した中州には木橋が架かり、満開のエゴノキ・キショウブ・オオカワジシャ・コンロンソウが

流された古い石標
石畳の道を
キショウブ咲く五助堰堤

咲く。五助堰堤を下れば石切道・打越山分岐。そのまま住吉道を下り住吉霊園を過ぎれば右に
住吉台くるくるバス停方面。左へ下れば暫くで舗装路に降り立つ。後は住宅街を抜けて住吉川
レジデンス前が住吉道登山口。バス道を渡って落合橋・白鶴美術館前を通り過ぎ阪急:御影駅

左へ辿ると
落合橋
阪急:御影駅
六甲山のベニドウダンと花達
↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ベニドウダンツツジ ベニドウダンツツジ ミヤコツツジ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
コアジサイ ギンリョウソウ ヤマボウシ

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system