名残りの紅葉と野路菊探索 大師道〜二本松林道

山行日 2016.12.3(土)晴
山域 六甲山系・兵庫県神戸市
コース 諏訪山公園下BS(10分)燈籠茶屋(10分)猩々池(30分)市二本松林道(10分)天王谷
天王谷(15分)湊山温泉(40分)烏原神社跡(30分)夢野八幡神社(5分)石井町BS
花を探しながらなので歩行時間は参考程度で・・・
標高差 約300m
総歩行時間 約3.0h(含む休憩:食事:撮影)
   
左:菊水山・中央:鍋蓋山と再度山・右:摩耶山・自宅付近から
左:菊水山・中央:鍋蓋山と再度山・右:摩耶山・自宅付近から
金星台への道
金星観測記念碑
諏訪神社

昨年は不発だった二本松林道の紅葉。今年は何れの里山の黄紅葉が綺麗なので再訪しましょう。
自宅最寄りのバス停から諏訪山公園下:BS下車。大師道は諏訪山公園横からの坂道を登ります。
諏訪山公園では何やらイベントの準備中。早速、山手女子高手前の崖地や前の再度谷川護岸に

ビーナスブリッジ
ビーナステラスから錨山市章山
再度山D・Wへ

キバナも混じるノジギク見っけ。何れも数株程度で皆伐を免れた自生花?ヒヨコ橋を渡れば直ぐに
稲荷茶屋。この茶屋は12年前に廃業したが今年4月9日に復活。更に稲荷橋横の石段を登れば
燈籠茶屋。流れを渡れば十四丁石。小橋を幾度か渡りながら砂防堰堤を二度程越すと一休亭。

再び再度山D・Wへ
太子の森
錨山へ

再び流れを渡って九十九折りに続く階段道を登れば二本松林道に飛び出す。目の前に猩々池
暫し休息中に何やら大勢のハイカー達。聞けば六甲砂防ツアーの面々。どうやら諏訪山公園で
準備中だったのは砂防ツアーのイベントの為だったのだ。この先、一般車通行止めのチェーンを

猩々池
風力発電
市章山山頂

越えて更に西へ。崖地にシマカンギク・ヤマシロ(イナカ)ギクの残り花。其処彼処の紅・黄葉を
愛でながら歩けばひふみ園跡から七三峠・極楽林道の分岐。此処からの二本松林道はイロハ
モミジのトンネル。昨年と比べれば少しは色付いてるがマダマダ青葉が目立つ。やがて七三峠

紅葉の再度山D・W
平野谷分岐
イロハモミジのトンネル

からの登山道と合流。此処を左折で平野谷・祥福寺方面。昨年は平野谷を降ったが、今回は
ノジギク探索込みで直進しましょう。おっと、一寸気の早いヤブツバキ見っけ。10分程も歩けば
土砂災害復旧工事用の索道と作業小屋に重機等々。眼下には真新しい砂防堰堤が見える。

二本松林道口
紅葉の二本松林林道
メタセコイア

昨年は通行止めだった有馬街道旧道へのショートカットコースが、今回は解放されてるので
此方を選択。此のショートカットコースは工事現場へと続く長い階段道だ。階段を降り立って
左折で堰堤工事現場。右折すれば僅かで民家。直ぐに有馬街道旧道へ合流と、車往来が

大師道と合流
二本松林道を西へ

激しい有馬街道を歩かなくて済む。但しバス道なので注意は必要。旧道をのんびりと下れば
平野祇園神社。おっと、コンクリート擁壁にノジギクの小群落。此の後、平清盛縁の湊山温泉
湊山町・都由乃町・氷室町と住宅街を辿り、烏原神社跡・夢野八幡神社のノジギク探索です。

工事用重機
神戸脊山の野路菊と二本松林道の紅葉

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
神戸市中央区諏訪山町 神戸市中央区諏訪山町再度谷川護岸 神戸市兵庫区平野町
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
神戸市兵庫区氷室町 神戸市兵庫区氷室町烏原神社跡 神戸市兵庫区氷室町夢野八幡
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
二本松林道の紅葉 サザンカ 二本松林道の紅葉

↑画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system