新緑から深緑へ 有馬から六甲山を越えて+シロヤシオ

山行日 2016.5.5()
山域 六甲山地:兵庫県神戸市
コース 神鉄:有馬温泉駅(15分)魚屋道口(90分)一軒茶屋(5分)六甲最高峰(20分)石宝殿(30分)一軒茶屋
一軒茶屋(30分)七曲り道分岐(70分)五助堰堤(30分)住吉道口(20分)阪急:御影駅
標高差 約880m
総歩行時間 約7.0h(含む撮影&休憩・食事)
   
神鉄:有馬温泉駅
温泉街を抜けて
魚屋道へ

余りにも早い花時計に追い掛けるのが大変^^)ヒカゲツツジ・アカヤシオ・アケボノツツジと咲き進めば
次に咲くのはシロヤシオ。今回は地元・六甲山で探そう。神鉄:有馬温泉駅で下車。駅前コンビニで
飲食料を調達して温泉街を抜け魚屋道口を目指す。祝日ですがマダ人出は少なめ。魚屋道口には

炭屋道分岐
ヤマツツジが咲く魚屋道
崩壊地脇を

ファミリーが数組。コガクウツギ・ホウチャクソウ・蕾のコアジサイ等が咲く魚屋道を九十九折にと
40分程辿ると炭屋道分岐。分岐を右に見送り更に辿ると山ツツジが登山道を彩る。数ヶ所もの
崩落地脇を抜けると白石谷分岐。あれ、白石谷へは通行禁止のトラロープが張られてる。吉高

白石谷分岐
吉高神社前
一軒茶屋前

神社を過ぎれば石畳。直ぐに一軒茶屋。流石に沢山のハイカーで賑わう。六甲最高峰に立ち
寄り、黄砂?で霞む神戸の街並みに大阪湾。何とか阿倍野ハルカスが確認出来る。全縦路を
東へ歩いて東鉢巻山裾を巻いて石宝殿。参道脇のベニドウダンは咲き始めたばかり。六甲山

賑わう六甲最高峰
石宝殿へ
六甲山神社

(むこやま)神社に参拝して神社下の広場で昼食。昼食後は更に東へ向かいカーブbP12から
船坂谷道を下ります。ザレて急な斜面を10分弱程下ると砂防堰堤。見上げるシロヤシオは既に
満開状態。やはり今年は開花が早いネ。下山は住吉道を下ろうと一軒茶屋に戻る。相変わらず

カーブbP12
賑わう一軒茶屋前
七曲り道

賑わう一軒茶屋を後にして七曲り道を下ります。午後に成っても続々と登って来る登山者待ちで
中々下れない。下りに30分少々も掛かって住吉川を渡れば左に土樋割峠からの道と合流。右の
雨ヶ峠方面に向かう。砂防ダム横を抜けると雨ヶ峠・住吉分岐。分岐を住吉方面に取り住吉川に

土樋割峠からと
雨ヶ峠・住吉道分岐
五助ダムの湿地帯

沿って下ります。やがて70年振りに発見された1938年7月の阪神大水害で流された古い石標。
尚も下れば石畳道に代り水場が現れる。此処迄下れば五助ダム湖は近い。大量の土砂流入で
湿原化した中州には木橋が架かり、流れの傍にオオカワヂシャ。確か特定外来生物指定だね。

五助ダム
石切道・打越山分岐
住吉へは左

五助堰堤を下れば石切道・打越山分岐。そのまま下って住吉霊園を過ぎれば右に住吉台くるくる
バス停方面。左へ下れば暫くで舗装路に降り立つ。後は住宅街を抜けて住吉川レジデンス前が
住吉道登山口。道路を渡って落合橋・白鶴美術館前を通り過ぎ踏切近くに来れば何やら賑やか
見れば子供達に引かれた地車。丁度"東灘だんじり祭り"の日だった。その後に阪急:御影駅着。

住吉道口
東灘だんじり祭り(クリックでYouTube)
阪急:御影駅
↑東灘だんじり祭り(クリックでYouTube)

六甲山のシロヤシオと花達

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
満開のシロヤシオ シロヤシオ 咲き始めたベニドウダンツツジ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シロスミレ チゴユリ オドリコソウ

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system