六甲山の秋はもうそこに・・・ 丹生山系&六甲山界隈

山行日 2016.9.11(日)晴時々曇
山域 六甲山地:兵庫県神戸市
コース 丹生山系・再度公園周辺・六甲山ガイドハウス〜ガイドツアー:ホテルコース〜・他
標高差 約100m
総歩行時間 約5.0h(含む撮影&休憩・食事)
   
湿地への道
再度公園
ガイドハウス前

チョットした不注意で左足の爪先を痛めてしまった。S・Wの前半には南アルプスへのお誘いなので
足の状態を確認すべく六甲山界隈で花散策。先ずは湿地のサワギキョウの様子見。荒れた沢筋の
ゴロタ石道を慎重に歩けば林床にシラヤマギク・ミズヒキ・キンミズヒキ・ヒヨドリバナ・ヤブマメが咲き

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
サワギキョウ ヒヨドリバナにアサギマダラ サギソウ

小1時間歩けば目的の湿地。サワギキョウは随分と咲き上がってる。その他にはミミカキグサ・ホザキノ
ミミカキグサ・モウセンゴケ・サワヒヨドリ・シラタマホシクサ。おっと、咲き残りのサギソウを一輪見っけ^^)
アサギマダラもヒヨドリバナで一休みだ。急いで次の再度公園界隈に移動。ヤマボウシには赤い実。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シラヤマギク コウヤボウキの蕾 ヒガンバナ

キッコウハグマは花芽を上げたばかり。コウヤボウキは淡いピンクの蕾、ゲンノショウコは紅花・白花。
早くも彼岸花にカリガネソウも咲き始めてる。次は六甲記念碑台に一っ走り。午後1時半の観察会に
間に合った。ガイドハウス前のヤマボウシの実はもう食べ頃。ボランティアガイドの方々にホテルへの

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
カリガネソウ アケビコノハの幼虫 ヤマボウシの実

観察コースをご案内頂く。二つの大きな眼状紋を持って威嚇ポーズするのはアケビコノハの幼虫。
ヤマジノホトトギスは残り花。樹木同定を教授されるが苦手な当方にはサッパリ^^)おっと、ツツジ科
最後を飾るのはホツツジだ。コウヤボウキは咲き始めているがテイショウソウは花芽を上げたばかり。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ヤマジノホトトギス ホツツジ コウヤボウキ

1時間の観察会予定が大幅に延びて2時間少々と大盛り上がり^^)折角、此処迄来たので最後の
花探しにゴルフ場近くに咲く花も見ようと、六甲山小学校から六甲全山縦路を東へ向かいツリガネ
ニンジン・ワレモコウ・キツリフネ等を愛でる。やはり足の具合は今一つ良くなくてアルプス断念だ。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ワレモコウ・ツリガネニンジン キツリフネ ツルリンドウ

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system