油コブシから凌雲台・紅葉谷・有馬温泉へ 2002.11.10 標高差約690m

六甲ケーブル下〜油コブシ道〜六甲縦走路〜凌雲台〜極楽茶屋跡

〜紅葉谷〜百間滝〜有馬温泉 実質歩行時間4時間

画像の上にカーソルを乗せて下さい

登山口の六甲ケーブル下駅 此処からが登山道 数多くの分岐標識 良く踏まれている道です
油コブシ(標高626m) 昨日六甲山に初雪が降ったので雪を見に
登山口の六甲ケーブル下より油コブシ道を辿り

ケーブル山上駅からサンライズドライブウェイ
凌雲台・極楽茶屋跡・紅葉谷・有馬温泉へと歩いた
駅から右手に進み急な舗装路を油コブシ道への標識に
従い登り詰めると階段から始まる登山道に出る
なかなか急な道を登り鉄塔の下を2度3度と潜り
確実に高度を上げると突然目の前に展望広場が

明るい登山道
サザンカ 気の早いコバノミツバツツジ しかし樹が茂り展望はイマイチこの先少し登ると
三等三角点のある油コブシ(標高626m)だ
この先暫くは緩やかな道右手には樹の間越に
神戸の街が見え隠れ色付いたカエデにモミジが
心地よい山歩きに彩りを添える。しかも気の早い
コバノミツバツツジがピンクの花を開いている
階段を登るとサンライズドライブウェイに出る
ドライブウェイを右手に進み三叉路に出ると歩道を横断
神戸ゴルフクラブの間を抜けクラブハウス前から
六甲縦走路に入る此処で何やら急にハイカーが大勢
歩いている、六甲全従大会ではないようだ、今日は
あちこちでハイキング会が催されている様だ
一緒にぞろぞろ歩くしか無い、ゴルフ場を抜けると
凌雲台の展望台此処で景色を見ながら少し休憩
道路を渡り六甲縦走路へ ゴルフ場の中を歩く
凌雲台 NTT天文通信館此処を右に 日陰には残雪が 極楽茶屋跡には出店が
紅葉谷への分岐 凌雲台からNTT天文館の横を抜け極楽茶屋跡へ
この間にイノシシが住み着いているが今日は居ない
大勢の人が歩いているので姿を現さないのか?
極楽茶屋跡から道路を渡り紅葉谷へ昨日の雪が解け
道がぬかるんでいる、途中百間滝への分岐を右に
獣道の様な細い道しかも下から総勢100名程の
ハイカーがやって来た(^×^)仕方なく立ち止まること
数回やっと百間滝の上部に到着
紅葉谷の下り道
百間滝への分岐 百間滝 似位滝 似位谷を下る
水が多いときは左の巻き道へ 白石滝 百間滝の先に似位滝が、どちらも厳冬期には全面凍結し
アイスクライミングが楽しめる。此処から紅葉谷へ
戻らず似位谷を下る水量が多いときは渡渉も必要だが
この時期そのまま沢を下れる、但し滑り易いので要注意
似位谷から白石谷の合流点へ直ぐ右には白石滝が
そのまま下ると紅葉谷の道に合流、後僅かで
有馬温泉。有馬温泉の紅葉は丁度見頃.あと数日間は
楽しめる、思ったより雪は残って居なかったが秋・冬・春と
一度に楽しめた、最後は有馬の銀の湯に浸かり帰宅
銀の湯大人550円也
六甲有馬ロープウェイ・有馬駅 紅葉其の1 紅葉其の2 紅葉其の3
紅葉其の4 紅葉其の5 紅葉其の6 鼓ヶ滝
クリックするとわいどびゅう
inserted by FC2 system