海抜0mから六甲山最高峰(931m) 2003.4.28 標高差約931m  

芦屋川河口〜高座の滝(50分)〜地獄谷(10分)〜風吹岩(50分)〜雨ヶ峠(40分)〜七曲り〜六甲最高峰(50分)
六甲最高峰〜魚屋道〜白石谷(60分)〜有馬温泉(30分)    総歩行時間約5時間     
  

←周辺地図です  画像の上にカーソルを乗せて下さい

芦屋川の河口から見る六甲山
芦屋川の河口から見る六甲連山・左のピークが六甲最高峰
芦屋川河口 高座の滝 ikeちゃんから六甲山に出掛けませんか?と声が掛かり
OK!とふたつ返事。朝7時地下鉄三宮駅に集合。普通なら
阪急芦屋川駅から出発するが、今日は何やら海抜0mから
最高峰を狙うと・・・!なるほどと賛成する。
其の為、阪神芦屋駅に向かい、芦屋川の河口へと南下する
河口から見る六甲最高峰は結構遠くに見える。芦屋川右岸から
北に向け歩き出す、河原には散歩の人が三々五々歩いている。
国道43号線・阪神電車更に国道2号線を潜りJR神戸線の
手前を河原から上に、JRが芦屋川の下を通る典型的な天井川
この先阪急芦屋川駅のコンビニで食料&飲み物を調達。

ロックガーデン入り口の高座の滝へ、今日はお天気が良く登山者が大勢休憩している。
既に気温が高く此処でTシャツ1枚の姿になる。高座の滝横から登り始め、直に中央尾根の取付きから左に下り地獄谷へ
河原には赤ペンキのマーカー、ガレた道を行くと直にゲートロックのお出迎え、右側から乗り越え次々現れる小さな滝や岩場を
注意しながら朔行する。先日来の雨の恵みか何時もより水量豊富な沢。水は冷たく気持ちが良い。正面に砂防ダムが現れ
右手にはショウベン滝。右側を登るとA懸(A懸垂岩)北面にはボルダリング用の窪みが、その奥B懸垂尾根を伝い痩せ尾根を


地獄谷への入り口 ゲートロック 小滝を
地獄谷への入り口 ゲートロック 小滝を朔行
赤岩の滝 蛙岩 ショウベン滝
赤岩の滝 蛙岩 ショウベン滝
最後の滝はシャワークライム気分 A懸垂岩を望む
最後の滝はシャワークライム気分? A懸垂岩を望む
A懸垂岩 B懸尾根からピラーロック
A懸垂岩のボルダリング痕 B懸垂尾根からピラーロック
ピラーロック
ピラーロック:左上部鉄塔下には風吹岩
登るとB懸垂岩、眼前にピラーロックの尖峰群が、此処まで
確りと三点支持で登ろう。ルートファインディングも必要。
風化した花崗岩は攀じ登るには細心の注意が・・・!!
ピラーロックを越え一旦樹林の中を登ると、ポンと中央尾根の
登山道に出る。後僅かで風吹岩、此処から先程登った岩稜帯が
足元に広がる。眺望は芦屋浜から大阪方面が霞んで見える。
風吹岩 先程登ったA懸からピラーロックが見える
雨ヶ峠 一軒茶屋・後方には最高峰 一息付いてから雨ヶ峠に向かう、登山道の脇には沢山のスミレが
咲いている。芦屋カントリークラブの獣除けゲートを潜り階段状の道
になると、雨ヶ峠はすぐ其処。少し早いが此処で昼食にする。
山頂迄、後小1時間程。峠から一旦下り七曲り道を登り返す
車の音が聞こえてくると一軒茶屋はもう目の前。茶屋の氷の暖簾に
引かれ一杯ご馳走になる、体の中からのクールダウン^0^)
一軒茶屋から六甲ドライブウェイを渡り、一登りで六甲最高峰^0^)
芦屋川河口から実に標高差931m余、時間にして4時間強也。
後は有馬温泉に下るだけだが、表のロックガーデンに対し
裏のアイスガーデンを下る事にし、魚屋(住吉)道を少し下った
吉高神社から白石谷目指し笹薮の道をトラバースする。
途中、工事中立入禁止の看板があるが遠慮しながら通過する。
パラボラアンテナ左が最高峰 六甲最高峰
吉高神社 笹の中を 急な谷の斜面を横切り白石谷小安相滝の標識から一気に
白石谷へ降りる、ガレた沢を下流に向け進むが小滝や
砂防ダム等は一旦巻き道を歩く、続いて大安相滝、白龍滝を
高巻き、やがて右手に白石滝が見え、滝の左の崖をロープを
使いながら谷へ降りる、降り立った処が白石谷と百間滝谷の
白石谷へ急降下 白石谷上部 白龍滝 ガレ場を降る
出合い、更に下流に向かい砂防ダムの右手を高巻き
暫く下るり、沢を渡渉すると紅葉谷への合流点、後は
六甲有馬ロープウェイの有馬駅を通り過ぎ有馬温泉に向け
舗装道路を最後の頑張りで、有馬温泉・銀の湯に向かう。
お約束の温泉は
有馬温泉銀の湯大人550円也
六甲有馬ロープウェイ有馬駅
大安相滝 白石滝
ウワミズサクラ・バラ科 ? オオカメノキ・スイカズラ科
アリアケスミレ・スミレ科 タチツボスミレ・スミレ科 ニョイスミレ・スミレ科
シャガ・アヤメ科 ヤマルリソウ・ムラサキ科 ニッコウネコノメ・ユキノシタ科

  

inserted by FC2 system