懐かしの!・烏原貯水池から菊水山(459m) 2003.6.1 標高差400m 

湊川公園〜烏原貯水場(40分)〜菊水山(50分)〜鈴蘭台(40分)〜鵯越〜湊川公園(50分)  総歩行時間3時間

←周辺地図 画像の上にカーソルを乗せて下さい

新湊川に架かる橋から菊水山を 烏原貯水池への登山口 一昨日の台風も温帯低気圧から消滅となり、台風一過での
展望を期待し、眺望が楽しめる近くの山に出掛ける事に^0^)
それには何処が・・・?そうだ子供の頃から馴染の菊水山へ!
地下鉄湊川公園駅からバスに乗れば石井町で下車するが
此処は勝手知ったる地元^o^)。バス通りを北に向け歩き出す。
右手に湊川公園、其の先には湊川・東山の商店街。
神戸の街並
僅か5分も登れば神戸の街並みが広がる。中央奥にはポートタワー
横を通り更に北へ、この辺りから山頂にパラボラアンテナの
菊水山が良く見える。新湊川に架かる熊野橋を渡り夢野の
信号を右側に進み暫く行くと石井町のバス停。バス停北の
コープ前を左折、其の先右折、烏原の貯水池を目指す。
住宅地の坂道を登る。僅か5分も登ると神戸の街並みが・・・!
舗装路を更に登ると、目の前には烏原貯水池が現れる。
貯水池周遊路 六甲縦走路と合流
烏原貯水池
烏原貯水池、昔は神戸の水源池だったが上流の宅地開発で今では洪水調整池に!
小川のせせらぎ 処理場前を左に 貯水池の横には車道もあるが、此処は貯水池の周りを一周出来る
遊歩道を歩く。道の脇にはヤブヘビイチゴの赤い実、ヤブウツギの
白い花コナラやクヌギの潅木が新緑に染まる気持ちの良い遊歩道
更に進むと広場には数人の若者がバーベキュウを楽しんでいる。
やがて左から六甲縦走路が合流し、処理場の建物が見え微かに
車の音と共に電車の音も聞こえる。此処が神鉄菊水山駅。無人駅だ
石造りの放水路
石造りの放水路は昔のまま残っている
菊水山が大きく見える 菊水山への登山口 丸太の階段 山頂迄後、900mの標識
子供の頃この辺りでキャンプが出来た。多分私の始めてのキャンプ
此の先鉄橋を渡り、神鉄の高架を潜るとダムの工事現場が見える。
右手に菊水山への登山口が見える。最初から丸太の階段道だ。
一登りすると山頂まで後、900mの表示。登るに従い足元には
ゴルフ場の全景が見える。登山道は階段と地道を交互に登り
山頂から僅か下の踊り場から東は大阪から西に明石海峡大橋
この階段の上からは市内が一望出来る 菊水山山頂
山頂の三等三角点 右は六甲縦走路、左は鈴蘭台 其の向こうには淡路島が手に取るように見える。霞んでいなければ
和歌山・紀淡海峡に浮かぶ友が島も望めるが、今日は関空が
辛うじて見える程度だ。^×^)後僅かでNTTのパラボラアンテナが
立つ菊水山山頂、先客は2.3組。眺望を肴に遅い昼食を取る。
今日はこのまま、鈴蘭台方面に下り、市内に古くからある温泉に
寄る為、六甲縦走路から左に反れNTT管理道路横の道を下る。
道は緩やかに下って行く、左手に小さな池が現れキショウブが
咲いている。一旦道路に出るが直ぐ右の周遊路に戻り、尚も
下って行く。時折登りもあるが中々気持ちの良い周遊路。
周遊路の右手には鍋蓋山から摩耶山・六甲山が見え隠れ!
途中分岐が数箇所あるが、全て鈴蘭台駅方面に向かう
やがて道は東町公園から鈴蘭台高校の通用門前に辿り着く。
菊水山周遊路 菊水山周遊路
ソウシチョウ・スズメ目:帰化鳥 下山した所は公園の中 神戸市内でも温泉が 如何にも古めかしい天王温泉

其のまま街中を神鉄鈴蘭台駅に到着。このまま湊川に戻ると
お楽しみの温泉に入れないので、途中の鵯越駅で下車。
六甲縦走路を出発地の烏原貯水池迄戻り、バス通りを東に
天王谷川に架かる橋の手前を左折すると温泉が2ヶ所
湊山温泉と天王温泉だ、今日は天王温泉に浸かり帰宅した。

天王温泉 大人410円也
菊水山周遊路から六甲方面を
菊水山周遊路から見える左:六甲山・中:摩耶山・右:鍋蓋山
ヤマアジサイ・ユキノシタ科 ヤブヘビイチゴ・バラ科 コウゾ・クワ科
スイカズラ・スイカズラ科 ナワシロイチゴ・バラ科 キショウブ・アヤメ科
コアジサイ・ユキノシタ科 マルバアオダモ・モクセイ科 シモツケ・バラ科
実家の近くから見える菊水山 東山市場 湊川商店街
クリックするとわいどびゅう(パノラマ写真)
クリックするとわいどびゅう(パノラマ写真)
inserted by FC2 system