神戸市立森林植物園 2002.9.30 最大標高差約300m 総距離約10km

神鉄谷上〜山田道〜森林植物園〜トゥエンティークロス〜市が原〜大龍寺〜ビーナスブリッジ〜諏訪山 実質歩行時間約3時間

画像の上にカーソルを乗せて下さい

谷上駅から山田道へ 此処から川原へ いきなりこんな感じの山道 橋を渡り二股の道を左へ
砂防ダムを巻くと工事用道路が 登山口の神鉄谷上駅より山田道を辿り
森林植物園からトゥエンティークロス・市が原・大龍寺
ビーナスブリッジ・諏訪山公園へと歩いた
駅から左手に進み山田道の標識に従い高架をくぐる

高架を抜けると直ぐに丸山川の河原に降り
暫く丸山川沿いに進み本格的な登山道に出る
道は雑木林の中緩やかに登って行く
暫く行くと道が二手に分かれるが左へ進もう
西六甲ドライブウェイに出る
ノハラアザミ・キク科 カワミドリ・シソ科 ノコンギク・キク科 ママコノシリヌグイ・タデ科
ツユクサ・ツユクサ科 更に緩やかに登ると砂防ダムの下に、左へ高巻きすると
左に工事用道路が見える。暫くは平行して歩く
右手に砂防工事の現場、そのまま直進すると
登山道に戻る此処まで来ると後僅かで森林植物園
突き当たると西六甲ドライブウェイに飛び出す
車に気を付け道路を横断、左へ僅かで森林植物園
入園料300円也。この時期秋の草花が沢山咲いている。
ススキ・イネ科
森林植物園正門 園内で秋草の小径と案内表示
標識に導かれ北日本区へ
此処からは秋の草花が道々に咲いていた
東屋で遅めの昼食、流石に平日、
出会う人は殆どいない、とても静かな時間を過ごした
2時間ほどウロウロした後、東門から
トゥエンティークロスさらに市が原へ向かう
園内の長谷池
イヌタデ・タデ科 カリガネソウ・クマツヅラ科 コウヤボウキ・キク科 ツリガネニンジン・キキョウ科
ワレモコウ・バラ科 トゥエンティークロス、江戸幕末の頃
参勤交代のトラブルを避ける為こんな山の中に
道を通し沢を渡る事二十回、で明治後期
この辺りを開拓した外国人達が名付けた
トゥエンティークロス(二十渡渉)と呼ばれる様に。
直ぐ六甲縦走(摩耶山方面)への道を分け
市が原から大龍寺方面へ、現在布引貯水池の改修工事
の為、仮説の道が出来ている。
ナナカマド・バラ科
早くも紅葉?ナツハゼ・ハゼ科 植物園東門 右トゥエンティークロスへの分岐 幕末からの飛び石?1
幕末からの飛び石?2 幕末からの飛び石?3 幕末からの飛び石?4 幕末からの飛び石?5
六甲縦走路への分岐 大龍寺は奈良時代、称徳天皇の命をうけた和気清麿が
建立。摩尼山と言われた再度山(ふたたび)は
弘法大師(空海)が唐に渡る際旅の安全を
この寺に祈願して出発しました。2年後、
無事帰国した弘法大師が再びお礼参りに登山した
事から再度山の名がついたそうです。
此処は六甲縦走のチェックポイントにもなっている。
山の上には布引ハーブ園が見える
市が原への分岐 市が原 大龍寺山門 左下にドライブウェイが
今コース唯一の山頂堂徳山からの菊水山方面 此処から再度ドライブウェイ沿いの道を南に向かう
幾度かドライブウェイと交差しながら、南へ
市章山から錨山(海から見るとイルミネーションが綺麗)
市街地がドンドン近付いて来る、目の前に三角屋根の
建物が有名なフランス料理店夜景を見ながらの
食事はデートにピッタリです。(^o^)
有名なフランス料理店
有名なデートスポット・ビーナスブリッジ その下にも有名なデートスポット
(最近は心霊スポットで有名?)の
ビーナスブリッジがあります。
残念ながら今日はかなり霞んでいて眺望はイマイチ
後はビーナスブリッジを渡り諏訪山神社の境内から
バス停まで下り、帰宅した。
諏訪山神社
見事な夕焼けです
inserted by FC2 system