ブナの森のラビリンス!?:大御影山(950m)から小御影山(大日岳)

山行日 2007.11.9
山域 野坂山地:福井県三方郡美浜町
コース 白谷登山口(130分)大御影山(60分)三重嶽分岐
三重嶽分岐(105分)小御影山(大日岳)(85分)林道出合
能登又林道(30分)白谷登山口
標高差 約750m
総歩行時間 約6.0h(休憩も含む)
 
麓の新庄から見る大御影山
麓の新庄から見る大御影山
  
渓流の里
右手の林道へ
林道分岐、此処は直進

若丹国境尾根に関西でも有数のブナの森が在ると聞き、黄葉の時期を狙って出掛けます。
一般的にはビラデスト今津から近江坂と呼ばれる滋賀県今津から福井県三方へと結ぶ古の
古道を歩きますが、今回は北麓の三方新庄から、能登又谷を遡り白谷登山口から登ります。

林道脇に車を止めて
白谷登山口
小さな流を渡り

"渓流の里"を抜けると、林道は二手に分かれますが、此処は右手能登又谷への林道を辿ります。
舗装された林道が、分岐するとダートに代わりますがそのまま直進。林道脇の空地に車を止めて
少し登ると、左に白谷登山口の標識。僅かに下り沢に架かる丸太橋を渡ります。大きなトチの木を

幾度か沢を渡り
ピンクのリボン
尾根に乗ると

左に流れを幾度か渡り直し右手の尾根に取り付きます。意外と急な斜面を九十九折れに登り
踏み跡は薄いのですが此れでもかと、煩い程に付いたピンクのリボン^^)やがて尾根芯に乗ると
ハウチワカエデが真赤^^)辺りはミズナラ、リョウブ、クロモジ、ブナ等にアシウスギが混生した

大きなトチの木
真赤なハウチワカエデ
黄葉のブナ
大きなトチの木 真赤なハウチワカエデ 黄葉のブナ

落葉広葉樹の森。それぞれ綺麗に色付いています。更に高度を上げると徐々にブナの木が増え中には
幹周り3m以上もの大木。少し葉を落し始めていますが綺麗に色付き、辺りを黄色く染め上げています^^)
林床にはエゾユズリハ、ミヤマシキミ、シャクナゲ等が目立ちます。相変わらず踏み跡は薄いのですが

林床には
ブナの色付き
落葉を踏み締めて

尾根芯を通れば迷う事も無いでしょう。時折平坦地になるので辺りのブナの木をジックリ眺め
イイヨネ〜って独り言^^)何度も振り返ってしまいます。足下のフカフカした落葉を踏みながら
登ると、幹が二股に分かれた立派なアシウスギ。徐々に辺りには潅木が混じり、傾斜も緩んで

立派なアシウスギ
緩やかな道
ヌタ場を過ぎ

やや右方向に向います。足下には笹が茂り右手ヌタ場を見送り、U字状に掘れた道を進むと
潅木の隙間から山頂近くの反射板が望めます。僅かに進むと広々とした草原の台地に到着。
此処からは南東方向に、湖北の赤坂山から大谷山への稜線、遠く霞んでいますが伊吹山や

深く掘れた登山道
反射板が見える
草原の向こうに反射板

金糞山、鈴鹿の霊仙岳のシルエットが見えますね。此処からは笹原を抜け潅木の中を小さく
下り、再び登り返せばマイクロウェーブ反射板直下の分岐に到着です。大御影山山頂へは
僅かに南へ100m程進めば三等三角点が建つ大御影山山頂。先客はご夫婦一組だけです

山頂手前の分岐
大御影山頂
大御影山頂

少し話をすると、やはりビラデスト今津から登られたそうです。山頂からの展望は少し潅木に
阻まれ見え辛いので僅かに東へ下ります。すると先程の草原からは見えなかった三国山や
赤坂山が、良く見ると特徴あるザレ場が判ります。此れは"明王の禿"ですね。此方は反射板へ

大御影山山頂から:三国山と赤坂山
大御影山山頂から:三国山と赤坂山、ザレ場が明王の禿
U字状の道
近江坂
トクワカソウの葉が

戻り、少し遅い食事を済ませ、先程の分岐迄戻り小御影山(大日岳)方面(標識はハゲノ谷)へ。
この先からはU字状に深く掘れた道。通称"近江坂"と呼ばれる古道。流石に良く踏まれてます
古道は河内谷の源流部に向って一気に下っています。辺りは相変わらず見事なブナの森。

ブナの黄葉
振り返れば
三重(さんじょう)嶽への分岐

林床にはイワウチワ(当地ではトクワカソウ)の葉がビッシリと見られ花の季節が楽しみです^^)
下り切り再び緩やかに登り返すと三重(さんじょう)嶽への分岐。此方へも何時の日か歩いて
見たいですね^^)辺りはブナの変形木が沢山立っています。この先緩やかにup:dounしながら

ブナの森
能登郷分岐
突然鉄塔が

続く古道は、どちらを向いてもブナ・ブナ・ブナ・ブナ・ブナ^^)まるでブナの森の迷宮?に迷い
込んだ・・・!?、時には方向感覚さえ無くしてしまいそう^^)やがて能登郷への分岐が現れます。
此れを電波塔跡方面へ向かうと一気に視界が開けます。送電鉄塔建つ広場。東には野坂岳

野坂岳方面
大日岳山頂
此処から巡視路を

2基目の鉄塔を過ぎると小御影山山頂。標識には大日岳と書かれ今では此の名称が一般的?
展望は無いのでそのまま下山です。鉄塔巡視路を忠実に辿りますが、途中道が二手に分かれ
ますが左へ、大岩の横を抜けグングン下ると沢沿いの道になりました。巡視路は彼方此方に

鉄塔巡視路
林道出合
標識には

枝分かれしていますが何れ一本になるようです。高度を下げるに従い雑木林から植林地へと
代わり、やがて林道が見えて来ました。左へは大日開拓地へ続くようです。此処は右手に行き
ひたすら林道を下ると、ダートへと代わる二又に出、僅かに登り返し駐車場所に戻りました。

大御影山から小御影山:見事なブナの森
大御影山から小御影山:見事なブナの森

inserted by FC2 system