黒部峡谷:秋の下の廊下(旧日電歩道)を行く《V》

山行日 2007.10.13-14
山域 北アルプス:富山県
コース 10.13:黒部ダム(60分)内蔵助谷出合(110分)別山谷出合(90分)十字峡
       十字峡(50分)S字峡(30分)仙人ダム(60分)阿曽原温泉小屋
10.14:阿曽原温泉小屋(90分)折尾滝(50分)大太鼓(20分)志合谷(110分)欅平
標高差 −500m
総歩行時間 約5.0h(含む休憩)
   
結局、昨夜はテントが15張程、小屋では定員50名の所、150名程の宿泊客?何と1畳に
3人と言う超大混雑^^)此れでも最盛期程では無いらしい。恐るべし下の廊下^^)此れだから
トロッコ列車に乗るには早朝発つしかありません。午前3時半頃目覚め朝食の支度とテント

薄暗い中を
折尾の大滝標識
折尾の大滝

撤収を同時進行。で、出発は午前4時20分。辺りは未だ真っ暗。こんな時間でも小屋から
ゾロゾロと登山者が出て行きます。ヘッドライトの灯りを頼りに、阿曽原谷を渡り水平道へと
高度を上げます。此れが意外に手強く、辛抱強く高度を稼ぎます。暗闇の道は不気味^^)

食事中の団体登山者
堰堤の中を
折尾谷堰堤

30分も登ったでしょうか?漸く水平道に戻り樹林の中をウネウネと曲がりながら歩く事
1時間半。辺りが明るくなりヘッ電が必要無くなった頃、折尾ノ大滝に到着です。滝下
では団体登山者が朝食中。チャンスとばかりトットと撮影を済ませお先に・・・^^)山肌を

折尾の大滝
折尾谷堰堤拡大
折尾ノ大滝 折尾谷は砂防堰堤の中を

縫う様に回り込めば折尾谷。何と登山道は砂防堰堤の中に続いていますね^^)この谷も
落石や雪崩の巣の様で苦肉の策でしょう。中は意外に明るく照明は要りません。堰堤を
抜けると再び高度感のある水平道に戻ります。この辺り実に川面からの高さは2-300m^^)

もう直ぐ大太鼓
丸太橋
大太鼓

とても覗き込む気にはなりませんが、崖下には樹々が茂り川床が見え難いので、思った程の
恐怖を感じません^^)やがて対岸に木組みの橋が見えて来ました。如何やら今日のコース中
最大の難関?大太鼓の様です。此処から見る限り垂直の岩に張出した形で架かっています?

欅平が
志合谷へ向けて
大ヘツリ

覚悟を決めて近寄ると、何だ!?白竜峡辺りの丸太橋に比べ幅も広く頑丈そう^^)丸太橋を
渡ると"大太鼓"の標識。此処からは黒部三大岩壁の一つ"奥鐘山西壁"その麓に欅平の
赤い鉄橋が見えますが、未だ2時間程の行程が残っています^^)この先、志合谷へは奥へ

志合谷
水平歩道
黒部の巨人奥鐘山西壁
志合谷 志合谷付近の水平歩道 黒部の怪人:奥鐘山西壁

向って深く入り込みます。対岸に見える水平歩道も随分遠回りしますね。志合谷が見えて来ま
すが道が続いてる様に見えません?実は此処、志合谷は"泡(ホウ)雪崩"の発生地。昭和13年
(1938)12月27日に秒速千mとも言われる爆風を伴った"泡雪崩"で、鉄筋5階建の作業宿舎の

志合谷拡大
志合谷拡大:トンネル出入口は左右の樹木が切れる辺り
トンネル入口
トンネル内部
トンネル出口

2階以上が対岸の奥鐘山の岩壁迄吹っ飛び、84名の尊い命を奪ったそうだ。その為にトンネル
が掘られています。中は真っ暗で長い上に、カーブしているのでヘッドライトは必携!!150mある
トンネルの足元には水も流れています。この先、単調な水平歩道がマダマダ続き、2度程小さな

短いトンネルを
内部は手掘り?
水平歩道始終点

トンネルを抜け、そろそろ水平歩道歩きにも飽きた頃^^)送電鉄塔が現れます。前方下から
欅平の賑わいが感じられ、2本目の鉄塔が現れると漸く水平歩道も終点です。振り返れば
奥鐘山の右手には特徴ある双耳峰の鹿島槍ヶ岳に牛首山、奥鐘山左手には唐松岳から

右奥に唐松岳:左に白馬鑓
左は奥鐘山、右に鹿島槍ヶ岳
右奥に唐松岳:左に白馬鑓 左は奥鐘山、右に鹿島槍ヶ岳

白馬鑓ヶ岳が望める展望台。此処で一息入れて欅平に向いましょう。欅平へは高度差
凡そ250m、30分少々もの激下りです^^)此処に来ての激下りは、疲れた足に堪えます。
徐々に朱塗りの奥鐘橋が大きくなり、欅平の駅舎も近付いて来ますね。やがて欅平の

欅平に向けて
欅平駅
賑わうトロッコ列車

ビジターセンター横に降り立ちました。到着時間は午前9時少し前。始発のトロッコは
9時16分、十分間に合いますが折角の欅平^^)少しユックリしてからと思い、10時01分
発の整理券を貰います。で、2人で缶ビールにて無事完歩を祝い、カンパ〜〜〜イ^^)
その後、列車を乗継ぎ信濃大町に帰着したのが午後5時10分。楽しみは"薬師の湯"

黒部峡谷:下の廊下・交通機関タイムテーブル;07.10月現在

信濃大町〜扇沢(今回はタクシーで6400円) 関電トロリーバス:扇沢07:30〜07:50黒部ダム(1500円)
トロッコ列車:欅平10:01〜11:20宇奈月(1440円) 富山地鉄:宇奈月12:07〜12:44新魚津(900円)
JR線:魚津13:48〜14:37糸魚川15:01〜16:01南小谷16:14〜17:10信濃大町(2210円)

当、レポをご覧に成られ、是非、下の廊下を歩きたいと思われる方へのご注意!!

黒部ダムから阿曽原温泉小屋へのルートは例年9月上中旬以降でないと通行不可!!
しかも、その年の残雪量やルート整備状況に因っては開通しない事もあります。
事前に富山県警:ロッジくろよん:阿曽原温泉小屋等関係機関へお問い合わせ下さい。

おまけの画像
関電トンネルトロリーバス
黒部峡谷トロッコ列車
富山地鉄・新魚津駅
関電トンネルトロリーバス 黒部峡谷トロッコ列車 富山地鉄・新魚津駅
JR北陸本線:直江津行・魚津駅
JR大糸線:南小谷行・糸魚川駅
JR大糸線:信濃大町行・南小谷駅
JR北陸本線:直江津行・魚津駅 JR大糸線:南小谷行・糸魚川駅 JR大糸線:信濃大町行・南小谷駅
黒部峡谷:秋の下の廊下(旧日電歩道)を行く《T》へ戻る


inserted by FC2 system