富士山の見える山へ:白鳥山(567.7m)

山行日 2013.1.26(土)晴
山域 富士川流域:静岡県富士宮市芝川・山梨県南部町
コース JR芝川駅(30分)白鳥山登山口(30分)七面宮跡(50分)白鳥山
白鳥山(40分)七面宮跡(20分)白鳥山登山口(30分)JR芝川駅
標高差 約500m
総歩行時間 約4.0h(含む撮影&休憩)
   
>白鳥山:富士川に架かる内房橋から
白鳥山:富士川に架かる内房橋から
沼津のホテルを後にして
沼津駅へ
富士駅で身延線に乗り換え

昨日に増して冬型が強まるとの予報。翌朝沼津市内でも氷点下を記録する。今日は御殿場沿線の
山にするか、身延沿線の山にするか迷うが、強い北西の季節風で東から南に掛けて雲が流れてて
富士山が雲に隠れてる可能性大?って推測で、風上側の身延沿線の白鳥山に決める。身延線は

車窓からの富士山
芝川駅に
線路を渡り

西富士宮駅を過ぎると1時間に1本の電車と、非常に少ないので要注意。沼津発09:56島田行きに
乗り込みJR富士駅で10:19甲府行きに乗り換えます。富士駅を出発した車窓から見える富士山は
推測通り南東側に大量の雲を棚引かせてる。定刻通り10:54芝川駅到着。駅前を左へ進み芝川に

釜口橋の向こうに
内房橋の向こうに白鳥山
白鳥山本成寺登山口

架かる芝富橋を渡り、身延線路を越えて富士川に架かる釜口橋・内房橋を渡ると正面に白鳥山の
山容が望める。右手に曲がり集落を横切ると本成寺。此処が白鳥山登山口。コンクリートの急坂を
登ると再び集落。少し先の民家の庭先に登山口への標識が建っている。庭先を左へと回り込めば

民家の庭先に
白鳥山登山口
振り返れば

お茶畑。少し先に杖が沢山置かれてる此処が登山口だね。直ぐ横には素芯蝋梅が花開き始めて甘い
香りを漂わせている。ふと振り返れば民家の屋根上に山頂付近に雲を纏った富士山が見える。この先
竹林に杉や檜の林の中を緩やかに巻きながら登ります。暫く歩くと古道らしくU字状に掘れた登山道が

此処は右へ
竹林を抜けて
古道らしい掘れた道

支尾根にジグザクを刻んで上へと続いている。登山口から凡そ20分も登った頃、白鳥山七面宮跡へ
続く長くて急な石段が現れた。石段を登らない回り道も在る様だが下りで使うより安全だろう。150段
近くの苔生した石段を登ると簡素な鳥居と小さな祠建つ七面宮跡。日蓮宗に関係有るのだろうか?

七面宮跡への石段
七面宮跡
七面宮跡の富士見台から

祠の右手が富士見台と呼ばれる展望台。桜の木が数本植わっていて春には桜花越しに富士山が
望めそう。暫し富士山を堪能し先へ。少し登ると見晴台の標識。2003年に此処から撮った愛鷹山
駿河湾、伊豆半島を写した写真が置かれているが、今は杉・檜が成長して僅かに愛鷹山が見える

杉檜林の急坂
団体さんと
一旦平坦に

だけ。此処から暫くの間杉に檜の急な植林帯を登ります。急斜面を登り始めて20分位経った頃?
賑やかな話し声が聞こえて来る。ふと見上げれば20名程の団体さん。今日の二組目の登山者だ。
道を譲りながら挨拶を交わす。この先登山道は一旦緩むが再びの急坂。登り切れば小さなピーク。

手前のピークから
木の根の急斜面
三等三角点建つ山頂

行く手に白鳥山が垣間見える。側の標識には山頂迄残り0.35kmと書かれてる。一度鞍部へ下ると
再びの急坂。此処からは50m毎に標識が建つ檜の木の根道だ。登り切れば三等三角点に東屋?
建つ白鳥山山頂。三角点横のロープで囲われた場所は戦国時代の武田軍の狼煙台跡だそうだ。

白鳥山山頂から
白鳥山は恋人の聖地
南ア方面は雪雲に覆われ

山頂の山梨側が開け富士山を始め赤石岳に荒川三山・白峰三山等の南アルプス展望台でもあり
身延山・七面山等の身延山地が望め、眼下には曲がりくねった富士川の流れをも望める展望地。
関東の富士見百景に山梨百名山、更に恋人の聖地に選ばれハートのモニュメントが建っている。

同じ道を下山し
釜口橋を渡り
芝川駅に戻る

ただ、南アルプスは身延山地に雪雲が流れ全く見えないや。此処も昨日の浜石岳同様、季節風が
吹き荒れとても寒いので早々と引き上げます。下りは来た道を戻りますが、下りは早い物で1時間で
登山口の本成寺に戻ります。芝川駅に戻り富士宮駅で途中下車で名物の富士宮やきそばを頂く。

白鳥山山頂からクリックするとYou Tube
白鳥山山頂から(クリックするとYou Tube)
身延沿線から白鳥山で見える富士山百景
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
車窓:富士宮浅間神社越しに 芝富橋から 七面宮跡から
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
白鳥山山頂から ハートのモニュメントから 車窓:JR西富士宮駅周辺
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system