分水嶺の山歩き 冠山とユキミバナ散策

山行日 2014.9.15(月)曇時々晴
山域 越美山地:福井県池田町・岐阜県揖斐川町
コース 冠山峠登山口(60分)冠平(15分)冠山(15分)冠平(60分)冠山峠登山口
標高差 標高差:約210m
総歩行時間 約3.5h(含む撮影&食事・休憩)
   
冠山峠から望む冠山
冠山峠から望む冠山
此処から林道・冠山線
絶壁沿いに
冠山峠

大日ヶ岳下山後、鯖江の道の駅"西山公園"で朝を迎える。スマホで天気予報を確認すると終日曇り空
何だかモチベーション下がるね^^)それでも登山口の冠山峠に向けてR417を走り池田町へ。渓流温泉
冠荘を過ぎれば足羽川に沿って南進する。やがて国道は途切れ林道冠山線入口。この先、9km余りも

冠山峠登山口
案内看板
緩やかに

全線舗装だが狭くて対向困難な林道を慎重に走らせ高度を稼ぐ。林道入口から実に高度差600mを
駆け上がる。高所が苦手な当方は、断崖絶壁脇を畝りながら続く林道に、ビビリながらの低速運転^^)
やっとの事で冠山峠到着でホッと一息。峠には既に3-4台の先着車。生憎の空模様で峠から見える

ガスに煙る冠山
雲海が広がり
ナナカマドの実

はずの冠山はガスの中。支度を済ませ7:30出発。切り開かれた笹原を緩やかに辿る。この県境尾根が
北へ流れると足羽川〜九頭竜川に合流し日本海へ。南へ流れると揖斐川と成り太平洋に注ぐ分水嶺
小さなピークを幾度かUp:Down。右手が開けると岐阜県側の徳山ダム周辺に雲海が浮かぶ。更に同じ

ブナ混じりの
白山に別山が
見下ろせば林道が

様なUp:Downを繰り返します。辺りのナナカマドには赤い実が成り、林床にはツルリンドウの花が点在。
ブナ混じりの雑木林の向うに薄らと見える冠山に掛かるガスが勢い良く流れ、その特異な山姿を現した。
コウヤボウキ・ホツツジ等が林床を飾る。左手が開けると白山・別山等が望め、足下には今朝通った林道

トラバース道
眼下に冠平
慰霊碑建つ冠平

の冠山線が大蛇の様に曲がりくねってるのが見下ろせる。やがて登山道は傾斜を緩め、山腹を
トラバース。潅木帯を抜ければ前方に笹原が広がる広場が見える。この広場が冠平だ。早春には
カタクリ夏はニッコウキスゲが笹原を彩る。山頂への道は右に転進するが先に冠平で一休みしよう

冠平から見上げる冠山
真っ直ぐに
チャートの岩場

濡れる笹を掻き分けるが、そこ此処に残り花のカライトソウ・エゾリンドウが咲く。冠平の標識の横に
建つは遭難碑。昭和30年(1995年)11月に天候急変で不運にも亡くなられた方を慰霊した石碑。
一休みしてから山頂へ向かおう。一旦分岐迄登り返し、いよいよ山頂へと続く急な岩場を登ります。

お助けロープも
潅木のトンネルを抜けると
稜線に乗る

手足を使って這上がるがあちこちにイワショウブ・カライトソウ・オヤマリンドウが岩壁に咲いている。

岩場を登り切れば潅木のトンネル。トンネルを抜けると行き成り稜線に飛び出した。冠山山頂へは
左へ僅かに辿れば三等三角点建つ冠山山頂。思いの外狭い山頂。展望は360度なのだが東に

冠山山頂
能郷白山はガスの中
金草山と林道

聳える能郷白山は、湧き上がるガスに阻まれ山頂を隠している。何とか白山・別山は見えている。
山頂は羽虫が煩わしく早々と風抜ける西側に移動。此処からは西側に金草山・日野山が望め、山
肌を横切るのは岐阜県側へと続く林道。後から登って来られた方がもう直ぐ団体が遣って来るよと

岩場を慎重に下る
団体が
振り返り見る

知らせて頂いたので早々と下山開始。岩場の下りは登りよりも慎重に足元を確認しながら降りる。
丁度下り終えた時に十数名の団体が遣って来るタイミングの良さ。その足で往路を辿って下山だ。
未だ時間は10時を少し回ったばかりなので、今から登って来る多くの登山者と擦れ違いますね。

峠には沢山の車が
冠山峠に戻る
岐阜県側の林道から見る冠山

登山口迄もう後少しの所で冠山峠が見えると、駐車中の車の列が長〜く伸びてるのにビックリ^^)
11時少し前には登山口に戻りました。さて、帰路は岐阜県側に下り、道の駅"藤橋"に隣接する
いび川温泉"藤橋の湯"で汗を流し、滋賀・福井にしか咲かないユキミバナ散策を済ませ帰神。

林道・冠山線:塚線は例年11月中旬〜翌年5月頃迄は冬季通行止。更に少量の雨でも
崖崩れや落石等が発生しやすく、通行可能かどうか事前に確認する必要があります。

参考資料:福井県池田町HP・岐阜県揖斐川町HP
冠山山頂(画像クリックでYou Tube)
冠山山頂(画像クリックでYou Tube)
冠山に咲く花達とユキミバナ

↓ 画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ツルリンドウ シオガマギク イワショウブ・カライトソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
コウヤボウキ オヤマリンドウ ユキミバナ
↑ 画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system