想定以上の大雨で撤退 上小池〜三ノ峰(両白山地)

山行日 2015.7.19(日)曇のち大雨
山域 両白山地:福井県大野市・石川県白山市
コース 上小池P(20分)三ノ峰登山口(80分)六本檜(70分)剣ヶ岩(60分)標高2030m付近
標高2030m付近(40分)剣ヶ岩(40分)六本檜(60分)三ノ峰登山口(20分)上小池P
標高差 標高差:約1100m
総歩行時間 約7.5h(含む撮影&食事・休憩)
   
道の駅:あさくら水の駅
再建中の鳩ヶ湯
上小池P

夏山第一弾は白山&別山の予定。海の日の三連休前半に南竜テン泊での両山山行の計画だったが
台風11号が想定外のノロノロ進行。テン泊予定を別山日帰りに変更して出発。北陸道福井ICで降りて
新装の道の駅"一乗谷あさくら水の駅"で夜を明かし、R158を東進して勝原から県道173号:上小池-

上小池pを出発
川状態の道
大栗の木

勝原線を北上"13年5月御主人が亡くなり廃業された鳩ヶ湯温泉が何やら工事中。調べると経営者が
代わり再開を目指した所、今年2月の大雪で明治の頃に建てられた本館が倒壊したので再建中とか。
鳩ヶ湯から更に7km上流の三ノ峰・別山・刈込池登山口の小池公園Pに到着したのが07:15頃。既に

正面は刈込池へ
林道を辿り
三ノ峰登山口

十数台の車が止っている。麓は薄日が射す天気だが今日の同行者は強力な雨男、果たして結果は
如何に・・・^^)大きなザックを背負ってる登山者が出発され、後を追い掛ける様に沢状態の登山道を
下ります。僅かに下れば樹高≒18m・樹齢凡そ300年の大栗の木。更に下ると刈込池自然研究路の

新しい階段道
トラバース道
山越邸跡

林道に出合う。正面の橋を渡れば刈込池、登山口へは左折し暫く林道を辿ります。先日来の台風の
大雨で轟音を立て流れ落ちる砂防ダム前の橋を渡れば三ノ峰登山口。新しい標識に三ノ峰迄5km
確か以前歩いたのは'02年の秋だから13年も前だ^^)初っ端から新しく整備された急な階段道が続く

マットで
熊の皮剥ぎ?
再びトラバース道

やがて山腹トラバース道に代るが泥濘が酷い。15分も辿れば平坦地。ベンチ有る山越(腰)邸跡。
気温は低目だが湿度が高く既に汗だく。水分補給を済ませて杉林を辿ると外来植物持込防止用の
マット。靴底を擦り先へ進む。新緑の森に緩やかに続く登山道。おっと、杉の皮剥ぎ跡が痛ましい。

ササユリ咲く
再びの階段道
振り返れば荒島岳が見える

熊の仕業かな?念の為、熊鈴を鳴らす。林床にはエゾ&ヤマアジサイ・ツルアリドウシ・ツクバネソウ
目玉親父化したギンリョウソウ。トラバース道が終わると九十九折の急坂。おっと、咲き残りのササユリ
見っけ。小さな流れを渡り再びの階段道。振り返れば足下に登山口・遠くに湧く雲に隠れる荒島岳。

六本檜
別山・三ノ峰はガスの中
稜線を辿って

頭上が開けると六本檜。先行してた登山者が休憩中。今日は避難小屋泊だそうだ。此処から見る
別山・三ノ峰山頂はガスの中。やはり雨男の本領発揮^^)この時点で別山へはパス決定。一休みの
後緩やかな稜線を辿れば樹林帯から抜ける。足元には無数のココモモの実にギンリョウソウ混じる

残り2.5km標識
剣ヶ岩が
花咲く尾根道

前方に剣ヶ岩が見えて来る。コメツツジの咲き残り見っけ。標高1500m辺りの標識に三ノ峰迄残り
2.5km。しかし先っき迄良く見えてた剣ヶ岩を隠す程ガスが降りて来た。緩やかなup:downで続く
稜線にシシウド・トリアシショウマ・シモツケソウ・ニッコウキスゲ・ヨツバヒヨドリ・タテヤマウツボグサに

登り返し
剣ヶ岩展望台
小雨が

クガイソウ等々高山植物が点在する。おっと、ヨツバヒヨドリにアサギマダラが止まってる。剣ヶ岩へ
続く登山道はゴロタ石の急斜面。濡れて滑るので慎重に登り切れば剣ヶ岩展望台。辺りはスッカリ
ガスの中。大型のアザミはエチゼンオニアザミ?グンナイフウロは既に結実だ。この先ニセピークを

何度もピークを越えて
益々ガスが濃くなり
大雨に代り

幾度か越えるが霧雨から小雨、更には大粒の雨が降り始め三ノ峰迄1.5km標識で急いでレイン
ウェアを着込む。その間にもハクサンフウロ・クガイソウ・ミネウスユキソウ・ハクサンタイゲキ・ヨツバ
シガマ・ミヤマキンポウゲ等が咲いてる。やがて本降りの雨に変わり殆ど視界も無くなって来たね

雨具を着込み
残り1.2km標識
あのピークを越えれば避難小屋だが

幾ら防滴仕様のイチガンでも此れだけ激しく降られるとザックに仕舞うしか無い。標高が2000m
近くで、避難小屋迄10分足らずの場所で下山される方からこの先更に激しく降っていると聞くと
一気にテンションガタ落ち^^)展望は勿論、花の写真も撮れないのなら先へ進んでも仕方ない

三ノ峰登山口に戻る
無事上小池に
美山森林温泉

相棒と相談して下山決定。粘土質で泥濘登山道はまるで川状態。慎重に足を運んでも勝手に
滑り始める。結局2度尻餅を付いて泥だらけに成りながら往路を下山。何とか怪我無く下山した
時にはパンツ迄グッショリ^^)下山した麓は穏やかなお天気。又しても雨男の神通力にシテヤラ
レタ^^)帰路に美山森林温泉"みらくる亭"で冷えた体を温め、全て着替えてからの帰神でした。

三ノ峰迄に咲く花達

↓ 画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ツルアリドウシ ササユリ ギンリョウソウン
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
コメツツジ アザミ:シシウド シモツケソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ニッコウキスゲ ヨツバヒヨドリ:アサギマダラ エチゼンオニアザミ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ハクサンシャジン ミネウスユキソウ クガイソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ココモモ ハクサンタイゲキ ハクサンフウロ

↑ 画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system