18切符で山歩き・・・ 立山室堂から大日三山縦走・VolU

山行日 2017.9.9-10(土・日)晴のち曇・曇のち晴
山域 立山連峰:富山県中新川郡立山町
コース 9/09:立山室堂(40分)雷鳥沢(30分)新室堂乗越(100分)奥大日岳(90分)中大日岳(10分)大日小屋
9/10:大日小屋(15分)大日岳(10分)大日平分岐(100分)大日平山荘(60分)牛ノ首(60分)大日岳登山口

                 花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約260m
総歩行時間 約2.0h(含む休憩・食事)
 
鳩吹山:木曽川に架かる中濃大橋から
地獄谷越しの大日三山
18切符タイムテーブル
神戸駅15:03-(新快速・敦賀行)-17:46敦賀駅17:51-(普通・福井行)-18:46福井駅19:12-(普通・金沢行)-20:35金沢駅
金沢駅20:40-(IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道)-21:36富山駅・・・金沢-富山間は別料金

富山駅14:16-(あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道)-15:15金沢駅・・・富山-金沢間は別料金
金沢駅15:21-(普通・福井行)-16:52福井駅17:47-(普通・敦賀行)-18:37敦賀駅18:49-(新快速・網干行)21:46神戸駅

18切符
カタクリ祭りパンフ
JR美濃大田駅

賑わう奥大日岳から少し戻って大日岳へと向かいましょう。此処から七福園手間への鞍部迄標高差は
≒160mの下り道。途中、鎖場や池塘に梯子場が続きます。辺りはすっかりガスに巻かれて展望無し。
歩く登山者も奥大日岳迄に比べて一気に疎らだ。ガレ場・ザレ場・鎖場・梯子場の登山道を慎重に下り

湯の華アイランド行送迎バス
湯の華市場で下車
名鉄ハイキングの参加者

時折現れるヌタ場に水溜りを通過。おっと、咲き残りのオオレイジンソウにツリガネニンジン見っけ。
慎重に鞍部迄下れば今度は登りに転じます。ガスは益々濃くなり、吹き渡る風と共に体温を奪う。
急いで防風ジャケットを羽織りましょう。七福園へと続く登りには鎖場や梯子を越え、巨岩点在する

カタクリ群生地へ
橋を渡って
カタクリ群生地

七福園到着。お天気が良ければ巨岩点在する日本庭園の様相なのだろうが・・・?巨岩を縫う様に
辿れば木道が現れる。おっと、雷鳥見っけ。本日二度目の御対面・・^^)おやおや、今度は木道上に
イワヒバリ。此方を誘導する様に前方へピョンピョン跳ねる。斜面を登り切った岩上が中大日岳。標識

多くのカメラマン
カタクリ群生(クリックするとYouTube)
鳩吹山カタクリ登山口

無ければ山頂とは判らないね。時折、ガスの切れ間に大日岳が見える。中大日岳を下り始めれば
眼下に赤屋根の大日小屋。10分足らずで今宵の宿の大日小屋到着。早速、宿泊手続きを済ませ
部屋に荷物を置いてから泡わで乾杯^^)夕食は17:30から。未だ2時間以上も時間は有るが肝心の

岩の尾根道
多くのハイカーと
小天神休憩舎からの展望

ガスが晴れず、今日中の大日岳ピストンを諦めてマッタリ^^)同宿の登山者達と山談義で盛り上がる。
やがて夕食タイム。大日小屋は"ランプの宿"として有名で仄暗い食堂だが雰囲気抜群。食後には
大日小屋名物、小屋番の奏でる"ギターコンサート"で大いに盛り上がり、午後8時には就寝でした。

ギターコンサート↑クリックするとYouTube

大日三山の花達と雷鳥
↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ヨツバシオガマ オオレイジンソウ ミヤマコゴメグサ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ミヤマトリカブト カライトソウ 雷鳥
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system