18切符で富士見の山旅・・・:金丸山(野田山)

山行日 2018.01.07(火)晴のち曇
山域 蒲原丘陵:神奈川県足柄下郡箱根町・静岡県駿東郡小山町
コース JR:富士川駅(30分)実相院(金丸山野田山)登山口(60分)金丸広場(野田山健康緑地公園)(7分)金丸山
金丸山(野田山)(20分)四十九ハイキングコース分岐(10分)大師広場分岐(50分)JR:富士川駅
標高差 約250m
総歩行時間 約3.0h(含む撮影&食事・休憩)
   
左に金時山・中央に丸山:御殿場駅跨線橋から
中央に金丸山(野田山):富士川駅北歩道橋から
宿泊先の時之栖
ウィンターイルミネーション
夜明け前の富士山

最終日の朝も刻々と明るさを変える富士山を楽しんだ後、JR:御殿場駅08:03発沼津行に乗車。
沼津駅で乗り換えて09:07・JR:富士川駅着。富士川駅跨線橋から白く輝く富士山。事前チェック
済みの中から金丸山(野田山)をチョイスで富士川駅前から歩き出す。東海道(R396)歩道橋から

岩波駅から御殿場線に乗って
御殿場から見る富士山
金時神社入口バス停

目指す金丸山(野田山)山頂の電波塔が見える。緩やかな坂道を登って東名高速道の高架下を
潜ります。傍らに野田山健康緑地公園案内図。振り返れば甍の向こうに富士山。高架下を潜って
四十九町を抜けて野田山実相院。振り返れば煌めく駿河湾と伊豆半島。実相院横から金丸山

公時(金時)神社に参拝
金時登山口
別荘地奥へ

(野田山)へ続く石段から始まる登山道の入口。草刈り等と結構手入れがされてますね。羊歯茂る
雑木林を九十九折に登れば時折右手の樹間から富士市市街地の向こうに愛鷹連峰が望めます。
古道らしい丁石点在しU字状に掘れた登山道を40分程辿れば→野田山(金丸山)標識。此処を

金時山登山口
霜柱がビッシリ
案内標識

右折し植林の登山道を僅か10分も辿れば↑四十九ハイキングコース・→金丸山広場分岐。勿論
右折します。植林を200mも登れば再び丁字路。直進は下ってる様なので左折しますが、直ぐに
藪に阻まれます。踏み跡が右手に続いてるので見ると藪の先に開けた場所が見えるね。僅かに

岩ゴロゴロの登山道
矢倉沢峠
矢倉沢峠には茶店跡とベンチ

数メートル歩けば草付きの広場。テントが三張り此処が金丸山広場(野田山健康緑地公園)の様だ。
広場の向こうには富士山が望める。テントの主達は片付けの真っ最中^^)山頂には管理道?を九十九
折に登りますが電波塔施設辺りが山頂の様だね。下山は先程の四十九ハイキングコース分岐に戻り

笹の切り開きに続く
箱根山:神山山頂はガスの中
金時山が見えてきた

金丸山(野田山)山腹を回り込めば↑富士川駅・→大師広場分岐。時間的余裕無いので富士川駅へ
戻りましょう。大師広場分岐から10分も辿れば往路に辿った野田山(金丸山)分岐。後は往路を辿って
JR:富士川駅に12時前に戻り11:59発の静岡行の電車に乗り込み静岡駅近でランチを済ませ帰神。

18切符タイムテーブル
富士川駅11:59〜静岡行〜12:29静岡駅13:42〜浜松行〜14:54浜松駅15:03〜豊橋行〜15:37豊橋駅
豊橋駅16:02〜新快速:米原行〜18:09米原駅18:17〜新快速:播州赤穂行〜20:11神戸駅

遠征各地から見える富士山展望

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
御殿場駅前から 御殿場線車窓から 沼津駅構内から
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
JR:富士川駅から 富士川町から 金丸山広場(野田山健康緑地公園)から
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system