富士山を背にして・・・:沼津アルプス(北部)

山行日 2008.12.28
山域 沼津アルプス:静岡県沼津市
コース 黒瀬バス停(35分)香貫山(50分)横山(40分)徳倉山
徳倉山(30分)志下坂峠(10分)志下山(30分)はまゆう前バス停
標高差 約250m(累計約800m)
総歩行時間 約4.0h(含む撮影&休憩)
   
沼津アルプス

香貫山(かぬきやま)から横山、徳倉山(とくらやま)鷲頭山(わしずさん)大平山(おおびらやま)と続く山並みは
別名"沼津アルプス"と呼ばれ、縦走コースの稜線上には5山と7峠があり、最高地点は鷲頭山の392mです。
平成16年10月に岩崎元郎さんの《新日本百名山》に選定された事から、俄かに脚光を浴びています。
何れも低山ですが海抜0m付近から登り始め、何度何度も登り降りを繰り返し、意外に歩き応えがあります。
各所からは霊峰富士山を始め伊豆、箱根の山並みや駿河湾の景観が楽しめる大展望なコースです。

詳しくは沼津市役所観光交流課

黒瀬バス停
登山口への標識
香貫山登山口

唐突に冠雪の富士山が見たくて、静岡に来てしまいました^^)昨日は薩た峠、由比、富士川河口等
昼から夕方迄富士見に動き回り沼津で一泊。翌朝は以前"山渓"の記事で見た、"沼津アルプス"を
歩こうと7時過ぎに宿を飛び出します。登山口へは歩きで黒瀬バス停へ、標識を確認し東へ200m

冬枯れの雑木林
香陵台

民家の横に香貫山登山口を見付け階段を登ります。低山ながら意外と急坂です。冬枯れの雑木林を
登ると、眼上に立派な五重塔が眼に飛び込んで来ました。一旦道路に飛び出し少し登ると香陵台の
展望台。車は此処迄登れる様ですね。五重塔の向こうには朝日を浴びた富士山。此処で地元の方に

芝住展望台
芝住展望台からの富士山
香貫山山頂

声を掛けられ案内地図と共に話を聞かせて頂きました。この先舗装路か遊歩道どちらを歩いても何れ
合流します。先ずは山頂西の芝住展望台へ立ち寄り360度の展望を楽しみます。その足で香貫山へ
向かいますが、彼方此方で沢山の方々に出会います。地元の方の朝の散歩コースなのでしょうね^^)

正面に横山
ショートカット道
此処を右へ

やがて辿り着いた山頂は、全く展望も無くそのまま横山へと下ります。長〜〜い階段道を下ると舗装路。
道路を下るとゴルフ練習場。更に下るとショートカット道。直ぐ下で市道に突き当たります。次の横山へは
市道を左へ200m進んだ八重坂峠の右側。初っ端からロープがある激登り^^)雨後だと滑り易い粘土質の

ロープの急坂
横山山頂
向こうに見えるは徳倉山

山道。一度傾斜が緩み再びロープの急坂。ひと踏ん張りすれば横山山頂。山頂は雑木に囲まれ全く
展望無し。休息後山頂を後にする。横山峠へ急な坂道を下ります。特に危険な場所はありませんが只
雨後にはかなり滑りそうな道ですね。暫く下ると正面には徳倉山が見えて来ました。やがて降り付いた

横山峠
徳倉山へは左
鎖の急坂

横山峠は切り通しと言った感じです。此処から次の徳倉山へは右へ曲がり直ぐに左へ取り付きます。
標識には"急登鎖場"と書かれていますよ^^)階段をひと登りすれば暫くは緩やかな道ですが、やがて
標識通り急登&鎖場が現れました。この急登&鎖場は階段状になっていますが一段が意外に高くて

意外に長い鎖場
徳倉山山頂
竹製の手摺が

鎖に頼らないと足が届かない^^)汗を掻き々登ります。振り返れば樹間からは、雪煙を上げる富士山が
高く聳えています。急登&鎖場が終れば左手に石の祠が二つ仲良く並んでいます。此処を過ぎれば
もう一踏ん張りで草原状の徳倉山山頂。山頂から北側を見れば足下に沼津の街並み、その上空には

香貫台分岐
緩やかな道が
視界が開けると

愛鷹連峰の上に宝永火口を正面にした富士山。左手には駿河湾が輝いています。見飽きない景色に
随分ノンビリしていまいました。が、しかし、時は無情にも過ぎ、そろそろ下山の時間が迫って来ます。
下山には更に南へ下りますが、行き成り激下りです^^)両側には竹製の手摺が取り付けられていますが

ロープ場
志下坂峠
志下山山頂

少々不安定。慎重に下り切ると香貫台分岐。再び小さく登り返すとP282の山腹を巻く様に緩やかに
続き、再び急坂のロープ場。と、突然眼の前が開け千金岩と書かれた大岩。南には最高峰の鷲頭山
足下には駿河湾、その向こうに伊豆半島の山並みが広がっている。更に下ると志下坂峠。真っ直ぐに

駿河湾が
徳倉山の左肩に
麓への道

進めば志下山から鷲頭山。右に曲がれば沼津市街地ですが最後に富士山の雄姿を見たく志下山へ
登ります。緩やかな萱の道を僅かに登れば大トカゲの標識、振り返れば徳倉山の左に真白い富士山
もう少し登れば志下山山頂。山頂には"さざなみ展望台"との標識。確かに足下には駿河湾が広がり

行き成り民家の庭先に
振り返って見た登山口
はまゆうバス停

浜辺の小波が見えています。さあ、残念ですが時間切れ間近^^)再び志下坂峠に戻り、市街地へと
下山しましょう。九十九折れの急坂をドンドン下ると、突然民家の庭先へ飛び出しました^^)この後は
海岸方面へと街並みを抜け"はまゆう"バス停からバスに乗り、沼津駅へと戻ります。今回は時間が
足りなく途中下山ですが、もしチャンスがあれば次回は南部の沼津アルプスも訪れて見たいです。

クリックするとわいどびゅう
香貫山芝住展望台から(クリックするとわいどびゅう)

沼津アルプスから富士山展望
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
狩野川黒瀬橋から 香貫山香陵台から 香貫山芝住展望台から
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
徳倉山山頂から 志下山直下から 狩野川河口から
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system