GW四国・花の山旅:大川原高原・旭ヶ丸(1019.5m)

山行日 2016.4.29(金)曇&強風のち晴
山域 剣山地:徳島県佐那河内村
コース 一軒茶屋(30分)旭ヶ丸(30分)高鉾山本峰(30分)山野草保護遊歩道(30分)一軒茶屋
ネイチャーセンター遊歩道散策(30分)
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約100m
総歩行時間 約3.5h(含む花散策:休憩)
   
北麓の佐那河内村から望む大川原高原
北麓の佐那河内村から望む大川原高原
明石海峡大橋
大鳴門橋
見上げる高原

今日からGWの始まり。当方は暦通りで平日を挟んだ3連休が2回。前半の週間予報はマズマズ。
混雑必至の名神道に、橋脚落下事故での影響が心配される中国道を避けるには四国に渡るのが
一番?と5年振りの大川原高原を皮切りに徳島・香川の山々を巡ろう。明石海峡大橋・大鳴門橋を

案内看板
もう少しで
一軒茶屋前P

渡って徳島市内経由佐那河内村。以前と変わらず狭い道路を縫う様に高度を上げて一軒茶屋。
やはり渋滞も無くスムーズに到着。高原は予報通り強風、いや暴風?で寒いので車内で昼食。
唸りを上げて回る風車を横目に、車両通行止めゲート横から舗装路を歩くと左手に保全林入口。

ゲートを潜り遊歩道へ
旭ヶ丸登山口
ドウダンツツジのトンネル

強風で落下するドウダンツツジが続く。足元に芽吹きのホウチャクソウが点在。僅かでコンクリート
の展望台。上がって見れば南から西南に掛けて視界が広がるが如何せん山座同定出来ない^^)
旭ヶ丸へ続くアワノミツバツツジのトンネルは落花著しいが、其れにも増して樹勢が弱ってる??

展望台へ
アワノミツバツツジのトンネル
旭ヶ丸山頂

ニリンソウの小群落にカタクリは寒さで閉じ、準備中はシコクブシの群落。白いヤマルリソウ。既に
咲き終わったトクシマコバイモ。やがて一等三角点建つ旭ヶ丸山頂。その先僅かで十字路。左へ
柴小屋迄11.5km表示は四国の道。今日は四国の道を少し辿って高鉾山本峰へ向かいましょう。

柴小屋方面分岐
階段道を下り
不動峠の石仏

芽吹きの階段道を下れば不動像とお文の墓建つ不動峠(尾葉古峠・杖立峠)頭上に真っ白な
ヤマナシの花。高鉾山本峰へは直登道と、トラバース道が有るが直登道を選択。しかし思った
以上に緩んだ粘土質の急勾配で良く滑る。下りには使いたく無いね^^)そんな斜面にもカタクリ

直登道とトラバース道分岐
急斜面を登る
高鉾山本峰

ニリンソウ・ジロボウエンゴサク・ハルトラノオ等が咲くが立ち止まって撮影するには急すぎる^^)
やがて満開のアワノミツバツツジが目に入れば高鉾山本峰(1031m)振り返り見れば台地状の
旭ヶ丸。直ぐ後からご夫婦が来られてご挨拶。地元の方で良く歩かれてるそうで花情報を頂く。

満開のアワノミツバツツジ
鉄塔広場
自然散策路へ

更に四国の道を歩くと鮮やかなアワノミツバツツジ満開。足元にヒナワチガイソウ・ハルトラノオ
ツルキンバイ・カタクリ・シコクスミレ・シコクミヤマスミレが咲く。下山にはトラバース道を歩こう。
少し急坂を下れば林道分岐。左に向かえばトラバース道。鉄塔広場手前にコミヤマカタバミ。

自然散策路へ
保守(作業)林道出合
一軒茶屋前Pに戻る

再び不動峠に戻り階段道を登り返せば十字路。教えて頂いた保護地のヤマシャクヤクはもう
咲き始めてる。林道へと下ればシロバナ(ミヤマ)エンレイソウ・開いたカタクリ・エイザンスミレ。
お目当てのイワザクラが彼方此方に咲いている。多くの山野花を愛でて大川原高原を後に。

大川原高原:旭ヶ丸展望台から(クリックするとYouTube)
大川原高原:旭ヶ丸展望台から(クリックするとYouTube)

大川原高原・GWの花達

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ドウダンツツジ アワノミツバツツジ ヤマナシ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
カタクリ イワザクラ ヒナワチガイソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ヤマシャクヤク アカバナスミレ シロバナ(ミヤマ)エンレイソウ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system