フクジュソウ(福寿草):寒峰(1604.6m)

山行日 2009.3.21(土:快晴)
山域 剣山地:徳島県三好市東祖谷山
コース 住吉神社(40分)福寿草群生地(40分)三角点栗枝渡(60分)寒峰
寒峰(15分)奥の井分岐(60分)林道出合(15分)住吉神社
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約800m
総歩行時間 約5.5h(含む散策:休憩)
   
麓の栗枝渡から望む寒峰(奥の中央)
麓の栗枝渡から望む寒峰(奥の中央)
トンネルを潜り
明石海峡大橋
東祖谷下瀬の案内標識

一足早く、土日祝日通行料が1000円になった本四架橋。早速、明石大橋を渡って四国へ^^)
この時期、鈴鹿の御池岳、藤原岳等、福寿草の群生地に決して劣らないと言われる寒峰へ。
久し振りにIkeちゃん、Taro氏が同行します。前夜、神戸を出発し、明石大橋から徳島道へ!!!

分岐標識
栗枝渡集落
既に満車

途中吉野川SAで朝迄仮眠。6時過ぎ東祖谷へと再び車を走らせます。かずら橋を過ぎ東祖谷山
下瀬のバス停前から、八幡神社への標識に従い狭く急な道を登ります。途中道路が二手に分かれ
ますが八幡神社方面へ。急斜面に点在する栗枝渡集落を抜け、登山口の住吉神社へ。8時半頃

案内看板
住吉神社
竹林から

到着ですが、5台程止められる駐車場は既に満車^^)邪魔に成らない様路肩に駐車です。神社横に
大きな案内看板。先ずは住吉神社に参拝し、社殿左の竹林から続く登山道を登り始めます。植林の
中を緩やかに進むと作業用林道に出合い、そのまま登ると再び登山道。やがて行く手には真新しい

作業林道を
再び登山道へ
コンクリートの壁が

コンクリートの壁が?如何やら林道が此処迄伸びて来た様ですね。林道向かい側に新しい登山口
の標識。階段を登り再び植林地。僅かに登れば明るい雑木林の中で、陽射しを浴びてキラキラ光る
福寿草を発見^^)近寄ると辺り一面、足の踏み場に苦労する程の黄金色の群生です。撮影している

新しい登山口
黄金色に輝いて
案内看板

間にも続々と登山者が来ますよ^^)此方は入れ替る様に登山道に戻り、更に10分少々登れば辺りは
再び福寿草群生地。先程に比べ数段見事な群生地。足下にはもう、数え切れない位の福寿草が^^)
既に沢山の登山者が撮影中!!此方も荷物を置いて、デジイチ片手に彼方此方20分近くもウロウロ^^)

二つ目の群生地
急な尾根を
栗枝渡三角点

お天気良くてマッタリしたい所ですが山頂迄半分も届いていない^^)ので腰を上げましょう。此処から
山頂への道が少々判り辛い!?良〜く見ると群生地の上部から右方向へと踏み跡が見え登り始める。
やがて尾根に乗ると植林と雑木の境目に続く道。此処から暫くは急勾配で、15分程我慢の為所だ。

僅かな残雪
寒峰が見える
明るい雑木林

やがて傾斜も緩み暫くで植林帯から離れ、右へと緩やかに登ると栗枝渡の三角点。この先明るい
雑木林の尾根下には僅かな残雪。樹間からは寒峰も見えてくる。西寒峰は山腹を巻き、この斜面
には最後の群生地。此方はポツポツと疎らです。此処は足早に過ぎ尾根を乗り越すと茅との広場

カヤトの広場
ブナの古木
山頂には

少しだけ雪が。右に剣山から三嶺の峰々が綺麗に見えています。この先ブナの森を抜け手前の
ピークに登れば山頂に憩う登山者が見えます。最後の斜面を登れば寒峰山頂。思ったより狭い
山頂です。その代わり展望は360度。近くの矢筈山、剣山、三嶺は勿論、遠く東赤石山、笹ヶ峰

寒峰山頂
コーヒーブレイク中
奥の井分岐

瓶ヶ森の峰々、何と石鎚山も見えています^^)眺望を肴に昼食ですが続々と来る登山者で一気に
人口密度が高まり早々と退散^^)コーヒーブレイクは下山予定路西のピークを越えた鞍部でした。
少しマッタリとした時を過しさあ下山しましょう。小ピークを越えれば奥の井への分岐。この先暫くは

剣山方面 寒峰から
石鎚山方面 寒峰から
剣山方面 寒峰から 石鎚山方面 寒峰から
前方の尾根を下る
モノレールに沿って
登山道標識

笹原ですが植林に入れば激下りの始まりです。意外に滑る足元に気を付けながら慎重に下ると
林業用モノレールが現れ、暫くはモノレールに沿って下ります。やがてモノレールは右下へと分れ
ますが、登山道はそのまま直進僅かに下れば寒峰への標識があり、此処から左下へと方向を代え

植林の中を
壊れたプレハブ小屋
作業林道出合

植林を下ります。この先標識が見当たら無いので僅かな踏み後を辿ります。やがて下方に壊れた
プレハブ小屋が見えると僅かで作業道に出合いました。この後作業道は延々と山腹をトラバース
途中にはガレ場、ザレ場もあり気が抜けませんね。少々飽き始めた頃^^)民家が現れますが如何も

延々とトラバース
廃屋の横を
足下に林道を見ながら

空き家の様だ。此処まで来ればもう少しで工事中の林道が左下に見えます。暫く林道を見下ろし
ながら暫くは平行します。最後は階段を下り材木の集積場前に降り立ちました。橋を渡った所が
作業用モノレールの始発点でした。此処まで来れば登山口はもう間近、河原に降り立ち雪解けの

林道へ
材木集積場
作業用モノレール

冷たい流水で顔を洗えば疲れも一気に吹き飛びました^^)一息入れればさあ、車へ戻りましょう。
少し下ると林道分岐と小広い駐車場?右に伸びる林道は新しい登山口に続いているのかな?
10分も下れば駐車場所でした。帰路にはお楽しみの"大歩危温泉:サンリバー大歩危"でした。

新しい林道が
駐車場所に戻る
サンリバー大歩危
クリックするとわいどびゅう
寒峰山頂から360度(クリックするとわいどびゅう)

寒峰の花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ブナの古木 ブナの古木

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シロバナショウジョウバカマ 急斜面に張付く栗枝渡集落 ユキワリイチゲ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system