GW四国・花の山旅:大川原高原・旭ヶ丸(1019.5m)

山行日 2011.5.4(土:曇時々晴)
山域 剣山地:徳島県佐那河内村
コース 一軒茶屋(30分)旭ヶ丸〜山野草保護遊歩道(50分)〜一軒茶屋
ネイチャーセンター遊歩道散策(40分)
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約100m
総歩行時間 約2.5h(含む花散策:休憩)
   
北麓の佐那河内村から望む大川原高原
北麓の佐那河内村から望む大川原高原
漸く広い道路に
一軒茶屋前P
ゲートを潜り遊歩道へ

岳人の森・花の隠れ里での散策を済ませ、国道438号線を東進し新府能トンネルを越えると
大川原高原への標識。標識に従い右折するが極端に狭い道路を縫う様に高度を上げ、点在
する集落内を抜けると、漸く広い道路に飛び出した^^)後は高原最高点の一軒茶屋前到着。

山野草等の保護地域の看板
旭ヶ丸登山口
アワノミツバツツジのトンネル

此処には風力発電用の風車が15基建っている。唸りを上げて回る風車を横目に車両通行止め
ゲート横から暫く舗装道路を歩くと左手に保全林入口。此処からが遊歩道の様だ。右手に未だ
蕾固しのアワノミツバツツジのトンネル。足元にはミツバツチグリ・タチツボスミレ・シハイスミレ等と

展望台
振り返れば風車群が
明るい雑木林を

スミレが沢山。僅かでコンクリート製の展望台、上がって見るが黄砂の影響が残り?凄く霞んでる
早々と降りて旭ヶ丸への遊歩道を進む。葉を落とした明るい雑木林を歩くとヒゴスミレ?にしては
濃い赤色だ。アカバナスミレかな?更にエイザンスミレも見っけ^^)ニリンソウの小群落や特徴有る

ニリンソウ小群落
シコクブシの芽だし
旭ヶ丸山頂

葉はトリカブト、いやシコクブシの群落。それらに混ざってやたら白いヤマルリソウ、ん?見慣れぬ
花はコバイモの仲間?(帰宅後調べるとトクシマコバイモ?)やがて一等三角点建つ旭ヶ丸山頂。
更に進むと遊歩道右にはトラロープで仕切られた場所。此処はカタクリ等野草の保護地の様だ。

カタクリ群生地脇を
カタクリ
柴小屋方面分岐

林床には点々とカタクリが咲いているよ^^)僅かで十字路。左へは柴小屋へ11.5kmと表示。
此処はロープに沿って右に曲がる。右手の斜面一面にはカタクリが咲き、その中に混じって
タチツボスミレにナガバノスミレサイシンやシハイスミレ等と沢山のスミレ類ニリンソウが咲いて

カタクリ群生地脇から
ナガバノスミレサイシン
保守(作業)林道出合

いる。やがて保守林道?に出合う。前を行く御夫婦が崩壊地を見上げて何やら探している。
近付くと崖上のピンクの花を指して何の花でしょう?と訪ねられ、見上げると何とイワザクラ。
こんな所で出逢うなんて鈴鹿以来の事件だ^^)良く見るとポツポツと可憐な花を咲かせてる。

イワザクラ
いきもの愛ランドネイチャーセンター
自然散策路へ

想定外の貴重な花を愛でルンルン気分で一軒茶屋へ戻り、ネイチャーセンターへ移動する。
ネイチャーセンター前の自然観察路を歩くと、ドウダンツツジは見頃、コミヤマカタバミの群生。
やたら白っぽいヤマルリソウ満開。ポツポツとフデリンドウが咲き、再びイワザクラに出逢った^^)

大川原高原のイワザクラと花達

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
アカバナスミレ? シロバナナガバノスミレサイシン ヒゴスミレ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
トクシマコバイモ? イワザクラ フデリンドウ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system