GW四国・花の山旅:岳人の森〜砥石権現(1374.8m)

山行日 2011.3.26(土:曇時々晴のち吹雪)
山域 剣山地:徳島県神山町
コース 岳人の森登山口(50分)シャクナゲ坂(30分)稜線分岐(15分)砥石権現
砥石権現(20分)鹿舞ダキ(15分)シャクナゲ坂(30分)岳人の森登山口
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約380m
総歩行時間 約4.0h(含む岳人の森散策:休憩)
   
剣山スーパー林道から望む砥石権現(右):左端は高城山
剣山スーパー林道から望む砥石権現(右):左端は高城山
明石海峡大橋
道の駅:温泉の里神山
R193へ

三日続いた酷い黄砂に外出するが嫌になり一日遅れで徳島へ。深夜の神戸淡路鳴門道を
走り鳴門IC。更に国道11号線から国道438号線を西進し"道の駅・温泉の里神山"で仮眠。
翌朝、登山口の"岳人の森"を目指し、時折対向困難な狭い国道193号線で高度を上げる。

岳人の森
砥石権現登山口
手造りの砥石新道

7時過ぎ岳人の森に到着。此処は私設のキャンプ場等の施設なので入山料400円。この森には
シャクナゲやヒメシャガ等を始め希少な四国の高山植物が保護されてる。花散策は下山後として
先ずはキャンプ場を抜け砥石新道と名付けられた登山口に。ミツバツツジ咲く雑木林の九十九折

ミツバツツジ咲く登山道
栃山標識
カモシカのガレ場

30分余りの九十九折を凌げば栃山の標識。林床にはタチツボスミレ・シハイスミレ・ツボスミレ等と
スミレロード^^)やがて尾根に乗れば左手は崩壊地だ。直ぐにカモシカのガレ場。ガレ場を覗けば
山腹を縫う様に雲早トンネル(土須峠:剣山スーパー林道)へと続く国道193号線。痩せた尾根を

スーパー林道へ続く
痩せ尾根を
シャクナゲ坂

過ぎればシャクナゲの木が目立ち始めるが裏年なのか蕾が少ない。直ぐにシャクナゲ坂の標識。
林床にカタクリの葉がポツポツと現れるとカタクリ自生地。良く見ると片葉が多い様なので来年以降
咲くのだろう?それでもユックリ探しながら登ると数輪花弁が反って咲いている。麓の神山集落が

カタクリ自生地
麓のビューポイント
ブナの急坂を登れば

望めるビューポイントから、ブナ茂る急坂を一登りで鹿舞(カマ)ダキ山との分岐。先に砥石権現に
向かいます。小さく下ると見晴らし良い鞍部がお休み台。東宮山や阿讃山地、足下に神山集落が
望め心地良い風が渡る。山頂への最後の登り坂に点々と咲くのはカタクリの花、日当たり良いので

山頂への分岐
石灰岩の露岩鞍部
展望の良いお休み台

見事に反り返っている。←アケボノツツジの標識につられ岩場に立てば崖下には咲き始めた
ばかりのアケボノツツジ。撮って返した山頂は三等三角点建つ砥石権現。その名の由来は
砥石の産地だったからとか?残念ながら樹木に覆われ展望無し。その足で分岐に戻り鹿舞

お休み台からのパノラマ
お休み台からのパノラマ
アケボノツツジの標識
見下ろせばアケボノツツジが
カタクリ点々と

ダキ山へ立ち寄ります。山頂には和歌が詠まれた看板に変った石仏が鎮座している。さあ
来た登山道を下山して岳人の森での花散策。ニリンソウ・ヒトリシズカ・ヤマブキソウ・クリン
ソウ・ヤブレガサ・ユキモチソウ・エビネ・シャクヤク・ヤマシャクヤク・クマガイソウ(蕾)・ヒカゲ

砥石権現山頂
再び分岐へ戻り
鹿舞ダキ山山頂

ツツジ・シコクコッカソウ・ベニバナヤマシャクヤク(芽だし)・フクジュソウ(実)等々・・・数えれば
切が無いのだ^^)ひと通り貴重な山野草を愛で車に乗り山麓の"上分花の隠れ里"に寄り道。
此方は色とりどりのキリシマツツジ・ヒラドツツジ等が、個人所有の裏山に50年を越える時間を
費やされ、珍しい山野草共々整備された花の園地。何と無料なのだ(今回は義捐金募集中)

砥石権現のカタクリと花達

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
お目覚め前のカタクリ 徐々に反り返り始め 見事にイナバウアー^^)
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シコクスミレ アケボノツツジ アカネスミレ?
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

岳人の森・花の隠里の花達

inserted by FC2 system