天女花:一ノ森〜剣山(1954.7m)〜次郎笈

山行日 2012.7.9(月:晴のち曇)
山域 剣山系:徳島県三次市・美馬市・那賀町
コース 見ノ越登山口(45分)西島駅(15分)刀掛の松(80分)一ノ森
一ノ森(60分)剣山(60分)次郎笈(60分)西島駅(30分)見ノ越登山口
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約560m
総歩行時間 約7.5h(含む食事・休憩・花散策)
   
R438"みどりの一里塚"から望む剣山と右に次郎笈
R438"みどりの一里塚"から望む剣山と右に次郎笈
明石海峡大橋
剣山スカイライン
見ノ越駐車場

昨年に続きオオヤマレンゲに逢いに剣山へと出掛けます。夜の神戸淡路鳴門道を走り抜けて
徳島道に乗り換え、美馬ICで降りてコンビニで食料を調達し"道の駅・貞光ゆうゆう館"で仮眠。
翌朝、R438号線(通称:剣山スカイライン)を南下し、見ノ越登山口へ。見ノ越手前の"みどりの

登山口の剣神社へ
剣神社本殿
緑濃い登山道

一里塚"から見る剣山は見事に晴れ渡ってて次郎笈もクッキリ。駐車場には平日なのに
3-4台の車。支度を済ませ登山口の剣神社への石段を登る。本殿で安全登山を祈願し
右手に続く登山道へ進む。深緑の森を緩やかに登れば登山リフト下。トンネルを潜れば

朝日射す
登山リフト下を
直登コースへ

直登コースと散策路コースの分岐。今日も直登コースへ。足下に咲くのはコナスビにオク
クルマムグラと淋しい。徐々に高度を上げ西島神社を過ぎればシコクシラベにコメツガや
ゴヨウマツの巨樹達。やがて視界が開けると山頂ヒュッテに登山リフトの西島駅が見える。

もう直ぐ西島
登山リフト西島駅
リフト前の花畑から

直ぐにテント場を抜けて西島駅へ。此処で今日初めての登山者に出会う。バズーカ砲並みの
望遠レンズを持ってられるので野鳥狙いでしょうね。リフト乗り場横から刀掛けの松へと向かう。
リフト前のお花畑のキレンゲショウマは花芽を膨らませ、ナンゴククガイソウの穂が伸びている。

刀掛けの松
行者道へ
キレンゲショウマ群生地

頭上には真赤なヤブウツギにナナカマドの白い花。足下にはタニギキョウにズダヤクシュや
トゲアザミが咲いてる。やがて刀掛けの松に到着。此処で左折して行場へ向う。少し下れば
防鹿ネットに囲まれたキレンゲショウマの群生地。防鹿ネットで保護されてから随分経つのか

古剣神社分岐
つるの舞
神戸からの登山者

植生が随分と復活している。古剣神社分岐を過ぎた辺りから登山道の崩落が修復されて
いる。つるの舞の行場で出会った四人グループの方は三嶺から縦走されたそうだ。しかも
当方と同じ神戸から来られたんだとか。一度は縦走したいが単独では心許ない。防鹿用

テキサスゲート
古剣神社合流点
穴吹川源流

ネットの中にカノコソウ、アカショウマが咲く。テキサスゲートを過ぎて行場の岩壁下に立つと
古剣神社からの道と合流。足元にヒメレンゲ、ミゾホウズキ、ヒメフウロ、ウワバミソウ等が咲き
やがて穴吹川源流。梅雨時で水量豊富だね。流水で渇いた喉を潤し登り返せば追分への

かつての花畑
追分は通行止め
オオヤマレンゲ

分岐。どうも登山道崩壊で通行止めの案内チラシ。直ぐに今ではバイケイソウにカニコウモリ
シコクブシ等と鹿が食わない花ばかりのお花畑を過ぎるとオオヤマレンゲの自生地。此処も
防鹿用ネットで囲われてる。既に茶色く変色している花も見られるが蕾も沢山見受けられる。

もう少しで
一ノ森分岐
一ノ森山頂

自生地を過ぎれば一ノ森分岐は近い。分岐から一ノ森山頂へと向かい見事な眺望を楽しみ
一ノ森ヒュッテに到着です。昨年迄は常駐だった管理人さんは今年度から新しい方に代わり
予約日だけ小屋開けしている。ヒュッテ前のお花畑にはイヨフウロにシャクナゲが咲いてる。

クリックするとYou Tube
剣山(太郎笈)と次郎笈:一ノ森から(クリックするとYou Tube)
一ノ森三角点
一ノ森ヒュッテ
荷物用索道

ヒュッテ前で小休止。白骨樹の枝先で囀るのはウグイス、さあ、剣山頂へ向いましょう。荷物
運搬用の索道を横切り行者道と山頂への分岐に戻ります。分岐には遭難碑が建ってます。
良く見ると新田次郎さん直筆ですね。裏に回れば"昭和四十年三月十六日・午後四時"頃

一ノ森分岐
遭難碑
シコクシラベの森

一ノ森北斜面で雪崩に巻き込まれ殉職した剣山測候所の職員、大谷好徳さんを偲んでの
殉難碑。一礼してシコクシラベの森へと緩やかに登ります。岩屑の登山道を登ると二ノ森。
二ノ森を抜けると経塚森の左に剣山が望める。経塚森はピークを巻いてミヤマクマザサ咲く

二ノ森
経塚森へ
もう直ぐ山頂

伸びやかに続く笹原を登ると木製デッキ。辺りは山頂の一角で、平家の馬場と呼ばれる平坦な
笹原。木製デッキから続く広い木道を歩き、剣山観測所前を横切り一等三角点建つ剣山山頂。
勿論、山頂からはグルリ360度の大展望。西には何時か歩いて見たい次郎笈から三嶺へと続く

木製デッキ
剣山山頂
剣山本宮と山頂ヒュッテ

縦走路。北は丸笹山から塔丸の稜線、その奥に矢筈山、中津山、東赤石山に笹ヶ峰辺りが
確認できる。残念ながら石鎚山は雲の中。振り返れば辿って来た経塚森、二ノ森、一ノ森が
見渡せる。少し早いが山頂ヒュッテで昼食とする。ヒュッテ前の花畑には蕾のオオヤマレンゲ

クリックするとYou Tube
剣山(太郎笈)山頂から(クリックするとYou Tube)
剣山本宮と山頂ヒュッテ前
次郎笈へ
次郎笈への道

タカネバラは3-4輪、イシダテクサタチバナが咲き、ナンゴククガイソウは色付き始めている。
昼食後、再び山頂へ戻り次郎笈へと足を伸ばそう。木道末端から少しザレた登山道へと降り
西島駅へのトラバース道を右に見送り、ドンドン下って行きます。足下にはシロバナニガナに

次郎笈峠
目前に次郎笈
次郎笈山頂

ニガナが咲き競い、最低鞍部から少し登り返せば次郎笈峠。右に三嶺へ続くトラバース道が
延びる。次郎笈の登りは白く小さな花咲くコメツツジが彩り、手前の小ピークに立てば前方に
次郎笈山頂。湧き立つ雲が日陰を作り、吹く風が心地良い。次郎笈山頂も360度の大展望。

西島駅へのトラバース道
二度見展望台
大剣神社と御塔石

振り返り見る剣山の穏やかな山姿が素晴らしい。一息付いて下山には往路を辿り西島駅へと
続くトラバース道へ。一部崩落箇所は慎重に素早く通り過ぎ二度見展望台へ。展望台を過ぎ
大剣神社の御塔石を仰ぎ見て、水場で喉を潤し西島駅へと戻る。お天気は徐々に下り坂!?
ガスが湧き上って山姿を隠しだし急いで下山。下山後のお楽しみは"神山温泉:いやしの湯"

再び西島駅へ
登山口へ戻る
神山温泉:いやしの湯
クリックするとYou Tube
次郎笈山頂から(クリックするとYou Tube)
剣山のオオヤマレンゲと花達

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
オオヤマレンゲ群生地 オオヤマレンゲ オオヤマレンゲ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ヒメフウロ イヨ(シコク)フウロ タカネ(イ)バラ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
キレンゲショウマ(蕾) ナンゴククガイソウ(色付き始め) コメツツジ

その他、見掛けた花はヤブウツギ・カノコソウ・トゲアザミ・ズダヤクシュ・オククルマムグラ
シコクハタザオ・バイケイソウ・ウワバミソウ・ミゾホウズキ・イシダテクサタチバナ・キツリフネ等

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system